インプラントブログ

2018年10月16日 火曜日

歯ぎしりはインプラントの大敵

人の安静時、リラックス時、自身が「歯ぎしり」をしているかどうか、気にも留めていない方が多いです。
なぜなら、日常生活をしていくうえでは何の不自由も一見ないからです。
しかし、自信に歯ぎしりがあるかどうかは口腔内の歯を守るため、またインプラント治療の後は、インプラントを長持ちさせるためにとても大切なことです。

まず、リラックスしている時の口の中の正常な状態は、食べている時としゃべっている時以外に、上の歯と下の歯が接触していれば、それは異常です。
また上唇と下唇はしゃべったりするとき以外基本的には閉じているのが正常です。
就寝時は、無意識の間に歯ぎしりで上の歯と下の歯をギリギリと音が鳴るくらい強く接触させたり、カチカチといわせて接触させたり、歯はあまり動かさずにグッと噛みしめる方が多くいらっしゃいます。
ただ、そのことに気がついておられる方は少ないのが現状ですし、自分が歯ぎしりなんてしているはずがないと言われる方も少なくありません。
この上の歯と下の歯の接触は、歯を引き倒したり、歯の周りの歯槽骨を破壊していきます。
それが、骨に埋め込まれているインプラントに起きると、それは天然歯と同じでインプラントを引き倒す力になったり、インプラントの周りの歯槽骨を破壊する力になります。
これらは、就寝時のことですが、日中も何かに集中している時などに無意識に行っていることもあります。(特に食いしばり)
意識してもらうと、日中なので気づいて気をつけるようにする方もいらっしゃいます。
これも歯やインプラントに異常な力となりますので、歯を虫歯や歯周病という形で失う原因になりますし、またインプラントもインプラント周囲炎や上部構造の破損の原因となります。

伝統的対処法としては、意識のある日中は、意識して注意してもらい、就寝時はマウスピースをして寝てもらうことです。また最近では自己暗示法で止めたり、アメリカではボトックスを使う方法が行われていますが(神経末端の組織の作用を抑制し、さらにその末梢に存在する筋肉への命令伝達を阻害し、異常な筋肉運動を和らげたり、止めたりすることによって効果を発揮する薬です。)日本では認可されていません。
歯ぎしり、食いしばりがあるからといってインプラント治療ができないことはありませんが、まずは認識していただくことがインプラント治療の成功にもつながります。

当院でもインプラントのメンテナンスはもちろん、日々の口腔環境のケアの重要性を患者様にお伝えし、必ず定期的に御来院いただいております。
メンテナンスやクリーニングでは専用のブラシで細かい部分まで磨いていき、歯間ブラシやフロスもかけていきます。
口腔内の問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院概要

クリックで医院案内をご覧になれます。

口腔がん検診

クリックでご案内をご覧になれます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2018年10月15日 月曜日

従来のインプラントと最新のインプラント

インプラントは感染症やアレルギー症状など人体の影響が少ないチタンを主な材料としています。
しかし、現代はさらにインプラントの技術が向上してHAインプラントを行うようになりました。
では、今までのチタンインプラントとHAインプラントの違いをお話しします。

まず、チタンインプラントは名前の通り、チタンが原材料で作ってあります。
しかし、今までのチタンですと、どうしてもチタンインプラントと骨との隙間ができてしまい、その隙間から感染症を起こすというデメリットが生じていました。
しかし、最近の技術でできたHAインプラントは、材質が2層になっており、中心部がチタン、それをくるむようにハイドロキシアパタイトをコーティングした仕上がりになっています。
この成分の大きなメリットは人間に極めて身近なもので歯や骨の主成分になっています。
人間の成分に近いことで違和感を少なくし、利用している側に負担を与えにくくなります。

また、実際に骨との結合性が良いので隙間が生じにくく、感染症のリスクがぐっと減ったと言われています。
また、従来のチタンインプラントに比べて骨と結合する時間も短いので治療期間の短縮にもつながると言われています。
さらに結合が早いので抜歯をしてすぐにインプラントを埋め込むことが可能になり、患者様の負担を減らすことができます。
HAインプラントには骨伝導能が高く評価されています。
骨伝導能とは、骨組織の部位に沿って骨組織を増加させる能力のことを指します。
ミクロでいうと、骨を失った部分の母床骨の中に存在する骨をつくる細胞(骨芽細胞)を活性化させることで、骨形成を促進させられるのです。

このように従来のものより、最新のインプラントの方が全ての事においてメリットがあり、患者様のリスクを大幅に減らすことができます。
インプラントはどんどん技術が向上していきついに人間の歯や骨に近い物でできるようになりました。
インプラントも日々進化していき、より身近なものになってきている時代なのです。

大口式インプラント法は0.5ミリほどの極細の器具で手作業で骨を徐々に押し広げていく術式で、骨を削らないので、術後の痛みや腫れも非常に少ないのです。安心、安全で事故のない術式です。
徐々に穴を拡げることにより、周りの骨は固くなり強固にインプラント体を包むことができます。

大口弘歯科クリニックは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラントのノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。
他院で断られた、諦めていた方、また大口式(OAM)インプラント法をお知りになり興味のある方、どうぞお気軽にご相談下さい。

インプラントが日々進化する中、当院ではそのインプラントを最大限活かせるように器具の開発もしております。大口式インプラント法で使用する器具は、一つの器具にしても1種類だけではなく、様々な種類の形状のものがあります。
当院院長大口弘が、どんな骨の状態の方にでも対応できるように自ら日々改良を重ね、開発しております。

★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。


☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2018年10月13日 土曜日

左下6大口式(OAM)インプラント埋入

今回の症例は左下6への埋入です。
こちらの患者様は名古屋市からお越しの方です。
当院でのインプラント経験のある長いお付き合いの患者様です。
今年の春ごろ過去に根管治療した左下6に瘻孔が見受けられ、根尖に病巣がみつかりました。最終的なお薬をつめる根充が根尖の先まで行き届いていなかったようです。
再治療を試みるも状態が良くなく保存が難しいとの経緯で抜歯に至りました。
抜歯して数カ月骨ができるのを待ってからのインプラント埋入オペとなります。

事前にCTで骨の状態を見てみると、骨幅は5~6ミリ、骨の高さは12ミリほどです。
従来のドリル式ですと、骨幅が最低でも7ミリはないと、骨移植という前処置をしなくてはインプラント体の埋入は不可能です。
しかし、大口式では特殊な処置をする必要なく、健康な骨をほとんど削らずに骨幅を広げインプラント体を埋入することが可能です。
また、下顎ですので、重要な神経や血管である下顎管の位置とオトガイ孔の位置を正確に分析し埋入する角度、方向を決めていきます。どんな時でも、この綿密なシュミレーションと分析と当院院長大口弘の持つ特殊技術がオペの成功へと導くのです。

オペが始まり、まず剝離切開後、プレスリッティングバーで基点となる穴をあけます。
スリッターで骨幅を少しずつ拡げていきます。骨幅が拡大したところで、オーギュメーターに切り替え、途中シューターも使用しインプラント窩を形成していきます。
カービングで形を整え、直径3.7ミリ 長さ10ミリのインプラント体を理想的な方向、角度で埋入しました。
大口式インプラント法で使用する器具は、一つの器具にしても1種類だけではなく、様々な種類の形状のものがあります。
当院院長大口弘が、どんな骨の状態の方にでも対応できるように自ら日々改良を重ね、開発しております。

大口式インプラント法は0.5ミリほどの極細の器具で手作業で骨を徐々に押し広げていく術式で、骨を削らないので、術後の痛みや腫れも非常に少ないのです。
徐々に穴を拡げることにより、周りの骨は固くなり強固にインプラント体を包むことができます。
器用さと勘と豊富な経験実績のある大口先生のなせる特殊技術です。

当院では、オペ後すぐに患者様に注意事項をお話しして、オペ後の過ごし方について患者様自身にもご理解いただき、徹底していただいています。患者様自身にも注意事項を意識的に心がけていただくことで、インプラント治療の成功につながります。

大口弘歯科クリニックは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラントのノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。
他院で断られた、諦めていた方、また大口式(OAM)インプラント法をお知りになり興味のある方、どうぞお気軽にご相談下さい。



オペ風景



大口式(OAM)インプラント埋入後左下6
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください。)

オペ前 パノラマ オペ部位 左下6



埋入後 パノラマ 左下6


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/

日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123 
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2018年10月12日 金曜日

QOLとインプラントの関係

QOLとは、Quality Of Lifeの略で、「生活の質」を意味します。
心身の健康、人間関係、やりがい、生活環境など、さまざまな観点から人間らしい生活、自分らしい生活を送れているかを捉える概念で、健康上の問題がなく日常生活を送れる期間をあらわす「健康寿命」とともに注目されているワードです。
歯の健康、つまり「しっかり噛めること」がもたらす心身へのメリットは大きく、インプラントはQOLの維持、向上に大きく関係していると言えます。

厚生労働省が2010年に発表したデータによると、日本人の平均寿命と健康寿命の差は男性で9.13年、女性で12.68年です。
この期間は日常生活に制限のある「不健康な期間」といえるため、生活の質を保つためには健康寿命を延ばすことが必要です。
それでは、噛めることがなぜ健康につながるのでしょうか?

2011年の厚生労働省研究班の調査では、歯がほとんどなく、入れ歯も使っていない65歳以上の人が認知症になるリスクは、歯が20本ある人の1.9倍、あまり噛めない人のリスクは何でも噛める人の1.5倍と言われています。これは、歯を失う原因となる歯周病などの炎症が脳に直接影響を及ぼすことや、咀嚼能力の低下が認知機能の低下を招く可能性が高い為と考えられます。
また、高齢者の死因に多い誤嚥性肺炎も、噛む力の低下に伴なう飲み込む力の低下がリスクを高めています。
他にもアルツハイマー病、肥満、姿勢の悪さなども「噛めない」ことでリスクが高まると言われています。

*インプラントがもたらすメリット
1.自分の歯と同じように噛めることで食事の際のストレスが軽減される。
2.審美性が高く、笑顔に自信を取り戻せる。
3.旅行や外食を気兼ねなく楽しめる。
4.「噛める」ことで認知症やアルツハイマー病、肥満のリスクを軽減する。
5.噛む力と飲み込む力を維持することで、高齢者に多い誤嚥性肺炎を予防する。

歯を失った場合に、インプラントで「噛む力」を得ることは、1日でも長く健康でいるための手段でもあるのです。
噛めることは、心身の健康において重要です。


大口弘歯科クリニックは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラントのノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。
他院で断られた、諦めていた方、また大口式(OAM)インプラント法をお知りになり興味のある方、噛める喜びを取り戻したい方、どうぞお気軽にご相談下さい。

★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院概要

クリックで医院案内をご覧になれます。

口腔がん検診

クリックでご案内をご覧になれます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2018年10月11日 木曜日

肥満とインプラントの関連性

近年、肥満の方がインプラント治療を受けるケースが増加しています。
肥満は虫歯や歯周病の発症率とも大きく関係しており、肥満とインプラントには密接な関係があります。

*まず、肥満の方は歯周病に罹っている場合が多いです。
歯科医院でインプラント治療を受ける肥満の方には歯周病に罹っているケースが多いことが調査結果により明らかになっています。
体重が通常よりも重い肥満の方は普通体重の方よりも1.5倍の確率で歯周病にかかりやすいことが判明しています。
肥満の方の内臓脂肪には腫瘍の壊死因子である「TNF-α」と呼ばれる物質が多数発生しており、このTNF-αが白血球の一つである単球のマクロファージからも分泌されることも加わり、体内の炎症反応を活発化させてしまいます。
これにより肥満の方は普通体重の方よりも「常に体内が炎症状態」となっているため、肥満の方は歯の周辺組織の炎症を始めとする症状が起きる歯周病に罹りやすくなってしまうのです。

*肥満の方は虫歯になりやすい傾向にあります。
肥満の方は普通体重の方よりも一日の摂取カロリーが多く、常に何かを食べている「ダラダラ食べ」の食生活の習慣がついてしまっているケースも少なくありません。
ダラダラ食べで砂糖を使った甘いお菓子やジュース、ご飯や麺類、パンなどの炭水化物を常に食べている食生活を送っていると、虫歯菌のエネルギー源となる糖質を常に歯に付着させる状態となり、虫歯になりやすくなってしまうのです。
虫歯は進行すると抜歯でしか対応できなくなることもあるため、肥満の方が虫歯により歯を失いインプラント治療を受けるケースも多いことが明らかになっています。


インプラント治療は深い知識と高い技術が要求される歯科治療の一つです。
当院では、まず口腔内、骨の状態を綿密にチェックし、治療計画を細かく立てていきます。
歯周病が進行していると、インプラントを埋入しても感染のリスクが高まりますので歯周病治療から行っていく場合もあります。

当院では患者様のお身体のことをしっかりリスニングし、飲まれているお薬、通院されている方はそちらの先生と連携させていただき、最大限相談にのらせていただきます。
大口式(OAM)インプラント法は低侵襲で安心安全な術式ではありますが、場合によっては患者様のお身体の状態を考慮し、伴うリスクについても同時にお話しし、ご納得いただいたうえで最善の治療法をご提案させていただきたいと思います。
大口式(OAM)インプラント法では、骨が痩せてしまった方へも骨移植の必要なくインプラントの埋入が可能です。
難症例、不可能症例を多く手掛けておりますので、当院を最後の砦として何なりとご相談ください。


*大口式インプラント法は0.5ミリほどの極細の器具で手作業で骨を徐々に押し広げていく術式で、骨を削らないので、術後の痛みや腫れも非常に少ないのです。安心、安全で事故のない術式です。
徐々に穴を拡げることにより、周りの骨は固くなり強固にインプラント体を包むことができます。

大口弘歯科クリニックは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラントのノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。
他院で断られた、諦めていた方、また大口式(OAM)インプラント法をお知りになり興味のある方、どうぞお気軽にご相談下さい。

★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。


☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info

/
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31