インプラントブログ

2018年1月16日 火曜日

歯の黒ずみ

口腔内の構造上、歯磨きしにくい部分、前歯、銀歯の近く、詰め物をしている歯は黒ずみやすいため、注意が必要です。
もちろん原因によってもつきやすい箇所は変わってきます。
歯が黒ずむ原因として考えられるものは、虫歯、ヤニ汚れ、着色汚れ、神経が死んでいる、黒い歯石、銀歯、薬の影響などです。
子供の場合は黒ずみの原因として一番多いのが虫歯です。その他にも外傷などが原因で歯の神経が死んでしまったことなども黒ずみの原因となります。
対処法としては、
1.虫歯:治療せずに放置しておくとどんどん広がるため早めに治療を開始してください。黒ずみを発見したころには痛みも出てきているはずです。
2.着色、ヤニ汚れ:着色しやすいのはコーヒーや紅茶や赤ワインなどタンニンが多く含まれているものやブドウやシソの葉などアントシアニンが多い食べ物を好んで飲んだり食べたりすることが多い人、タバコを吸う習慣がある人はしっかり歯磨きすることで予防が可能ですが、改善されない場合は歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。
3.神経が死んでいる:歯の神経が死ぬと象牙質に着色が起こりやすくなります。改善するためには神経を抜く治療が必要となってきます。
4.黒い歯石の付着:歯石は白いものが多いですが、歯ぐきの中に隠れている歯石は黒い色をしています。歯科医院で歯石除去をしましょう。歯周病が進行している場合はまず歯周病治療をしてください。
5.銀歯からの金属イオン:銀歯から金属イオンが漏れ出すと歯が黒ずんでしまいます。保険外にはなりますが、セラミックの詰め物に換えることで綺麗に仕上がります。
6.薬の影響:特に子供や妊娠中の女性は歯が黒ずみやすいと言われています。歯磨きでは改善できないため歯科医院で相談してみましょう。

歯科医院で治療を行ってもその後のケアを怠れば再び黒ずみが起きてしまいます。歯磨きの徹底などの家庭でのケアとともに定期的に歯科医院に通い予防に努めましょう。
軽い黒ずみであれば、市販のホワイトニング用歯磨き粉を使用し対処できる場合もありますが、ホワイトニング成分が含まれている歯磨き粉には様々な種類のものがあるため慎重に選びましょう。できるだけ研磨剤の粒が細かい物を選ぶことです。粒が大きい物は歯の表面を傷つけてしまうことがあるため注意が必要です。
歯を白くする治療法として歯科医院で行われるのがホワイトニングです。歯科医院で行われるものは「オフィスホワイトニング」と呼ばれ、薬剤を歯に塗布して専用の機械で光を当てる方法になります。ただし効果を保つ期間が短いため数回通院する必要があります。また歯科医院でマウスピースをつくり自宅で好きな時にホワイトニングできる「ホームホワイトニング」もあります。

ホワイトニングをすればすべての黒ずみが白くなるわけではありません。根本的な原因を知ることが大切です。
自己判断せずに歯科医院に相談することをおすすめします。

当院でもインプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
またお口の健康のために予防にも力を入れております。
歯でお困りの方、歯に関する疑問や悩みをお持ちの方、どうぞお気軽にご相談ください。


名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2018年1月15日 月曜日

フレアーアウト

本日は、大人になってからのすきっ歯やでっ歯の進行についてです。
この現象は口内の環境次第で誰にでも起こりうるもので、前歯の歯並びが前に向かって放射状に倒れていく現象です。
何らかの要因で長時間歯に外向きの力がかかり続けた結果歯が動いてしまうことにより起こります。
その原因としてあげられるのは、
1.噛み合わせの悪さ:噛み合わせが良い状態であれば、噛む力は複数の歯に分散し、ある1本の歯だけに大きな力がかかることはありません。しかし、歯並びの悪さからうまくかみ合っていなかったり、補綴物が合っていなかったり、虫歯の歯を使わないように無理な噛み方を長期続けていたりすると噛み合わせのバランスがだんだんずれてきます。その結果特定の歯に強い力がかかり続け歯が傾斜してしまうのです。
2.歯周病による歯槽骨の吸収:健康な歯根の周りには歯槽骨という組織が歯を支え、歯が簡単に動かないように固定する役割を果たしています。しかし、歯周病の症状が進行するとこの歯槽骨が吸収されて痩せるという現象が起こります。支えを失った歯はぐらぐらになり、少しの力でも動いてしまいます。
3.臼歯を失う:臼歯(奥歯)には消化しやすくするために食べ物をすりつぶす働きがあり、噛み合わせにおいて重要な役割を果たしています。虫歯や歯周病などで臼歯を失うと噛み合わせのバランスが崩れ前歯への負担が増えて前にせりだしてきます。

噛み合わせの悪さは、歯並びの悪さや噛み癖の他、頬杖やうつぶせ寝といった日常的な習慣、集中時や睡眠中の歯ぎしり、食いしばりも原因となります。
フレアーアウトの予防には歯並びを悪化させる原因をできるだけ遠ざけることが重要です。
すでにフレアーアウトの症状がある場合は治療を受ける必要があります。
虫歯が原因なら虫歯治療を、補綴物が合っていなければきちんと噛めるものに変更し、歯周病の治療はすぐには終わらないので歯科医院でのプロフェッショナルトリートメントとセルフケアが必要不可欠です。
失われた歯があれば補い噛み合わせのバランスを回復させます。
噛み合わせを悪化させた原因を取り除けたら良好な噛み合わせを作るための歯列矯正へとすすみます。

矯正を始めるにしても、歯並びが悪くなった根本原因から治療することが大切なのです。

当院でも様々なタイプの矯正でご相談に来られる方が多くいらっしゃいます。
歯の動きには個人差もあり、場合によっては矯正が万能の対処法でないこともあります。
総合的にどんな矯正法が自分に適しているのかじっくり相談にのってくれ信頼できる歯科医院を探すことも重要です。

当院では矯正でお悩みの方に綿密な診断と分析をし、最善の方法をご提案させていただくようにしています。

当院院長大口弘は、ブラケットやインビザラインもかつて経験し、それらのデメリットをなんとか払拭できないかと開発を重ね、オリジナルの矯正装置を開発しました。
矯正のノウハウを知り尽くし、開発したどこにもない装置です。
効率は他の矯正装置に比べて3倍の効率です。さらには、歯並びも噛み合わせも同時に矯正していくというオリジナル矯正法です。
装着時間も短く無理なく矯正をはじめていただけるとおもいます。


矯正に興味のある方、歯並びでお悩みの方、他院で時間がかかる、難しいなどとといわれ諦めていた方、お子様の歯並びでお悩みの方など、どうぞお気軽にお問合せください。
ご相談も受け付けております。
当院は大口式(OAM)インプラント法へのご相談ももちろん承っています。インプラントでお悩みの方もお気軽にお問合せください。


大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。


インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2018年1月13日 土曜日

歯槽骨の吸収

歯槽骨とは顎の骨の中にある骨組織で歯を根元から支える重要な役割を負っています。
この歯を支持する骨が消失し体内に吸収されていくのが歯槽骨の吸収です。この現象に見舞われると歯の土台がなくなってしまうので歯がぐらつき始め放置しておけば最終的にその歯は抜けてしまいます。
原因の中でも多いのが歯周病によるものです。歯周病は歯の周りにある歯周ポケットに食べかすなどがたまりミネラル成分と結晶化した歯石が生じそこに細菌が増殖して炎症をきたすのが特徴です。
歯周病菌が体内に入ると免疫機能で排除しますが、それでも細菌の増殖がやまない場合には歯槽骨そのものを溶かしてしまい体内への細菌の侵入を防ぎます。その結果歯槽骨の吸収がみられ歯が抜けていくようになります。
また、歯周病以外が原因で歯槽骨の吸収が起こる場合もあります。
*歯ぎしり、食いしばりなどの噛み合わせの乱れ:歯ぎしりにより硬い歯が揺さぶりを受けるとその周囲の柔らかい歯周骨が吸収されていきます。歯ぎしりの負担により歯周ポケットが形成され歯周病が引き続いて発症し歯槽骨吸収が起きてしまいます。これを咬合性外傷と言います。咬合性外傷には一次性のもの(健全な歯周組織に強い力が加わって起こる病変)と二次性のもの(歯周病の炎症で弱くなった歯周組織に正常な噛む力が加わって起こる病変)があります。しかし、多くのケースで歯周病と咬合性外傷が合併しています。
*部分入れ歯やブリッジ:失った歯を部分入れ歯やブリッジによって補正すると、取り付ける金具やブリッジの仕様によって、他の歯へ負担を担ってもらうことになります。歯茎への負担が大きくなると歯槽骨の吸収が生じる可能性が高まります。

一度吸収されてしまった歯槽骨を再生させることは非常に難しいです。様々な治療方法が開発されていますが完全には回復できないのが現状です。
適切なケアを行うことが大切です。

このように歯の不調は私たちの健康に様々な悪影響を及ぼすことになります。
歯の役割と意味をよく理解し健康な体つくりのためにも歯を大切にしましょう。

当院でもインプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
またお口の健康のために予防にも力を入れております。
歯でお困りの方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。



インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2018年1月12日 金曜日

顎関節症

最近、顎の関節の不快感を訴える方が増えています。
顎は微妙に入り組んだ形と複雑な機能を持っています。ここには筋肉と関節と神経が集中し、下の顎を支えています。
食事をしたり、おしゃべりをしたりすると連動して動いています。この顎の関節やその周囲が何らかの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。
症状は広範囲にわたり人によっては軽い症状から思い症状まで個人差が大きいのが特徴です。
代表的な症状としては、以下のようなものです。
1.顎関節やその周辺に異常を感じる。食べ物を噛むときに痛みや異常を感じる。
2.食事をしていると顎がだるい、口を動かすと顎関節に痛みがある、噛みしめると顎関節が痛い
3.口を開けたり閉じたりするときに顎関節でカックン、コッキンというような音がする
4.口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行うことができない
5.口が左右にうまく動かない、開けにくい、顎が外れることがある
代表的な症状以外にも顎周辺だけでなく全身の様々な部位に症状が現れることもあります。
例えば、頭痛、首や肩や背中の痛み、腹痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み、めまい、耳鳴り、耳がつまった感じ、眼の疲れ、充血、涙が出る、鼻がつまった感じがする、噛み合わせがうまくできない、歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口が渇く、嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれなどの副症状が現れることもあります。
様々な原因が考えられますが、上下の歯の噛み合わせの異常による場合が多いようです。
一般的に言われる原因は、以下のようなものです。
1.急激なストレス(精神的な緊張は筋肉を緊張させます)
2.歯ぎしり
3.何かに熱中したり緊張して強く食いしばる
4.唇や頬の内側を噛む癖がsる
5.頬杖、うつぶせ寝、不良姿勢
6.顔面打撲や事故による外傷
7.入れ歯や被せ物が合っていない
8.大口を開けたり、硬いものを噛んだ
9.左右どちらか一方でばかり噛む癖がある、片側の歯が悪い為反対の歯だけで食べ物を噛む
10.うつ、睡眠障害

当院にも顎の異常を訴える患者様が来院されることがありますが、原因をつきとめ適切な治療をしなくてはいけません。
噛み合わせが問題であれば、虫歯なのか被せ物なのか歯並びであるのか、癖なのか見極め上下の噛み合わせが均等に接するようにします。
重い症状の場合、ほうっておくと進行して顎の機能が完全に破壊されてしまうことも稀にあります。
症状があれば、早めの診察をお勧めします。

合わない入れ歯や被せ物でお悩みの方、矯正に興味のある方、歯並びでお悩みの方、他院で時間がかかる、難しいなどとといわれ諦めていた方、お子様の歯並びでお悩みの方など、どうぞお気軽にお問合せください。
当院は大口式(OAM)インプラント法へのご相談ももちろん承っています。インプラントでお悩みの方もお気軽にお問合せください。
当院院長大口弘は、ブラケットやインビザラインもかつて経験し、それらのデメリットをなんとか払拭できないかと開発を重ね、オリジナルの矯正装置を開発しました。
矯正のノウハウを知り尽くし、開発したどこにもない装置です。
効率は他の矯正装置に比べて3倍の効率です。さらには、歯並びも噛み合わせも同時に矯正していくというオリジナル矯正法です。
装着時間も短く無理なく矯正をはじめていただけるとおもいます。


大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。


インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2018年1月11日 木曜日

右下456大口式(OAM)インプラント埋入

今回の症例は右下456への埋入です。
こちらの患者様は安八郡からお越しの方で、前回左下567へ埋入し今回2回目のオペとなります。
血圧が高く、前回は静脈内鎮静法でコントロールしながらのセデーションオペを行い今回も同様のオペとなりました。
眠っているようなウトウトした状態になると表現されることも多いですが、意識を消失することなく恐怖心や不安のないリラックスした状態をつくることができます。

右下4は残すことが難しく抜歯することになり、抜歯即時での埋入となります。
事前にCTで骨の状態をみてみると、どの部位も骨高は11ミリから12ミリあり10ミリのインプラント体を埋入するには高さはありますが、右下5のオトガイ孔の位置に細心の注意をはらい方向や角度を綿密に分析しての埋入です。骨幅は5ミリから9ミリ程なので大口式スリッターで骨幅を拡大する必要があります。また、皮質骨が厚く硬いであろうことがわかりました。

血圧が安定した状態で右下4を抜歯後、綺麗に掻爬し、そのまま右下56まで切開剝離します。
プレスリッティングバーで基点となる穴をあけ、スリッターで骨幅を徐々に拡大していきます。
拡大後オーギュメーターと、皮質骨の厚みにより大口式ハイブリッドと併用しながらインプラント窩を形成し、3本のインプラント体を埋入しました。

このようにどんな骨の状態であっても、器具や方法を替え、一度のオペでインプラント体を埋入できるのは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘の長年の経験と特殊な技術があるからこそです。
また、患者様の身体はもちろん、精神状態にも考慮しながら常に当院は最善のオペを目指します。
どんな難症例の方でも、安心してご相談ください。

大口式(OAM)は他院で困難と診断された状況でも、骨移植の必要もなく、不可能を可能にする術式です。
このように他院で断られ諦めていた方、インプラントをしたいが不安や怖さがある方など少しでもお悩みのある方はどうぞお気軽にご相談ください。
また、大口式(OAM)をお知りになられて詳しく知りたい、興味がある方なども是非お気軽にお問合せ下さい。

オペ風景


大口式(OAM)インプラント埋入後右下456
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください。)

オペ前 パノラマ オペ部位 右下456



埋入後 パノラマ 右下456


大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/

日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら