歯科医師の先生の声

2013年8月 1日 木曜日

私はたぶんインプラントをやっていなかった

京都の金先生から嬉しい言葉を寄せていただきました。
「大口式がなければ私はたぶん、インプラントをやっていなかったと思います。」

かなり謙遜されているのだと思うのですが、本当にありがたいメッセージです。
若手の先生がインプラントを取り入れるきっかけになり、安全な治療で地域の患者さんに喜んでいただける。
これからももっともっと皆さんに技術をお伝えできればと思います。

金先生のクリニックはこちらでご確認いただけます。
愛歯科医院 (Ai Dental Clinic)
http://www.ai-dent.net/
所在地:京都市中京区 烏丸通蛸薬師下ル 手洗水町650 四条烏丸スタービル 2階
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2013年7月30日 火曜日

長澤裕先生から

大口式を導入していただいている宮城県仙台市の先生から嬉しいコメントをいただきました。

本当に大口式を使うと安心して、また、今までであれば不可能な部位に埋入することができますね。
ながさわ歯科医院
〒981-3203 仙台市, 宮城県泉区高森2-1-7
TEL:022-377-9156
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2013年7月19日 金曜日

骨が泣いていますよ


昨日、一昨日とカムログコングレスに参加し講演もしてきました。
全体的にはインプラタイテスの話が多かったのですが、話題の中心はガイデイングサージェリーでした。しかし、結局はガイドを使ってドリリングしてみても所詮ドリリング。頬側の骨が無くなってGBRと結合織移植。大口式とジグリングオッセオトーム法であればもっとうまくいくのに。

何故みんな大事な骨をドリルで削ってしまうの?寄せた方が絶対に理にかなってます。寄せてマイクロフラクチャーを起こしてPRF。すべて自家組織です。骨が泣いてますよ・・・
鈴木 光雄
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2013年7月19日 金曜日

日本人のためのインプラント 鈴木光雄先生

大口式症例1大口式症例拡大後
本症例はドイツ・カムログインプラントの公認インストラクターを務める鈴木光雄先生による大口式オペです。
左上の臼歯部に初期固定をよくする(塑像な骨をコンデンス)目的で大口式を使用しています。

「何故今までドリリングだけで対処してきたのか疑問に感じます。ここで初めて日本人による、日本人のためのインプラント埋入法が確立したと思います。尾関教授のなるべく移植しない、そこにある骨を利用する方法はこれからの主流になっていくに違いありません。」
と、ご自身のフェイスブックで紹介されています。(画像はフェイスブックより許可を得て掲載させていただきました)

鈴木光雄先生プロフィール
・ドイツアルタテック社カムログインプラント公認インストラクター
・日本顎咬合学会・指導医
・iaaid Asia理事
・神奈川歯科大学細菌学教室
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2013年6月18日 火曜日

大口式導入医院より 大川貴広先生

ドリルで骨を拡大する方式では思った方向に拡大できないのに比べ、大口先生の考案された方法というのは当に目からウロコが落ちるものでした。
ありがとうございました。

大川 貴広先生より(高知県ご開業)
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL