インプラントブログ

2018年12月 5日 水曜日

インプラントと10年保証

インプラント治療においてはできるだけ長持ちをして、一度入れたインプラントを一生使い続けることが理想です。
そのために耐久性を考慮してインプラント体を選ばなければいけないということがいえます。
インプラントの耐久性はその表面積によるところが大きいので、直径が大きくて長さも長いものが耐久性があるといえます。
ですから太いインプラント体を採用する必要があるのですが、顎の骨の方にそれだけの厚みがなければ通常のドリル式の術式ではインプラント体が露出してしまい埋入することができません。
医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック で行う大口式(OAM)インプラント法は、院長である大口弘が開発した器具により、手指の感覚と特殊技術によりインプラント体を埋入する術式です。
ドリルを使用しないため骨をほとんど削らず、骨の量が少ない患者様でも骨移植の必要なく骨幅を拡大し、標準的な太さ、長さのあるインプラント体を埋入することが可能です。
安易に骨の量が少ないから、細いインプラント体を埋入するということはございません。

インプラント治療のための高額な治療費を患者様にご負担いただくのですから、事故のなく身体に負担をかけない術式をという責任感と、できるだけせっかく埋入したインプラントですから長く使っていただきたいという思いがあります。
医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック 岐阜本院 名古屋駅前院においてインプラントの10年保証を行っているのもそのためです。
10年以上の長寿命のインプラント治療がモットーです。
それでも万が一、なんらかのトラブルが生じた場合は、再度埋入し直してリカバリーする体制も整えております。
ただ、この10年保証につきましては、定期的なメンテナンスを受けていただくことが条件となります。

インプラントも天然歯と同様に管理を怠ると、歯周病のような症状を伴うインプラント周囲炎を起こす場合があります。
インプラントがいくら丈夫でもその土台が崩れてしまってはせっかくのインプラントも台無しになってしまいます。
ですから日頃のブラッシングと定期的な検診、クリーニングを怠らないことが大切です。

インプラント治療は治療が終わってからがほんとのスタートといっても過言ではなく、患者様とクリニックと二人三脚でしっかりケアしていく必要があるのです。

医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック 岐阜本院 名古屋駅前院では予防に力を入れております。
インプラントのメンテナンスや矯正で通院されている患者様などの口腔内も定期的に専門の医師が管理し、指導を行っております。
また、ご自宅でのセルフケアの仕方においてもしっかり指導させていただいております。

口腔内の問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

★医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

☆名古屋駅前院の外看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院概要

クリックで医院案内をご覧になれます。

口腔がん検診

クリックでご案内をご覧になれます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック 院長大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31