インプラントブログ

2018年12月 4日 火曜日

インプラント治療と審美歯科

インプラント治療は審美歯科とが一体となった治療と言っても過言ではなく、噛むという機能回復とともに審美性ともに最高レベルの治療が実現できます。

審美面において入れ歯治療との大きな違いは、入れ歯の場合はクラスプといってかぎ状の金属の留め具が見えてしまうという難点がありますが、インプラント治療の場合はそうした金属が一切なく、見た目においても天然歯と遜色がないということです。
最近は金属のクラスプのないノンクラスプデンチャーという入れ歯もできていますが、支える部分が歯肉の色に近いために目立たなくなるとはいえ、やはり審美的には美しいとはいえません。

ブリッジの場合はクラスプこそないものの、両側の歯に支えられて歯茎の上にのっているだけなので天然歯のような存在感がなく、口元のアップになった時にはわかってしまうことが多々あります。
インプラント治療の場合は、他の歯を削ったり、クラスプを引っかけたりといった周囲の歯にダメージを与えないという点でもメリットも大きいといえます。

また、インプラント治療の上部構造(人工歯)については、セラミック素材のジルコニアをはじめ色調や形、透明感などにもこだわり、天然歯と遜色のないものを提供することができます。
上部構造を作製する技工士は、天然歯と見分けがつかないまでの完成度でこだわって作製しています。

インプラント治療においては、特に上顎前歯のインプラント治療においては審美的な治療は重要です。
歯茎と歯の境目のラインをインプラントを埋入する部分の前後の歯になめらかに、そして左右対称となるようにすることが審美的には大切ですが、歯科医師の技術が重要です。最近ではCGFといった自己血液を採取して再生医療による最先端の治療法を導入し、歯茎の部分にもこだわってより審美性を追求している歯科医院もあります。事前にそのような点においてもしっかり説明をしてくれる信頼できる歯科医院を選ぶようにしましょう。

医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック 岐阜本院 名古屋駅前院では、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラント治療のノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。
他院で断られた、諦めていた方、また大口式(OAM)インプラント法をお知りになり興味のある方、噛める喜びを取り戻したい方、どうぞお気軽にご相談下さい。

★医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院概要

クリックで医院案内をご覧になれます。

口腔がん検診

クリックでご案内をご覧になれます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/








このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31