インプラントブログ

2018年11月28日 水曜日

MI(ミニマム・インターベーション)とは

MI(ミニマム インターベーション)とは、「人の体に対する治療を最小限にすること」という考え方です。
医療全般では「治療する」ということは多かれ少なかれ人の体を傷つけることになるのですが、歯科領域での治療と言えば、「歯を削る、歯肉を切開する」などを意味します。
私たちの歯科領域でのMIとはつまり、できるだけ削らない、切らないということです。
例えば、今までは歯の溝に点状の虫歯ができた場合、虫歯が広がるのを防ぐという意味で、溝になっているところをすべて削り補綴物に代えていました。
しかし、現在MIという考え方ではその方法は誤りです。
MIの考えに則った正しい治療法はその点状の虫歯の部分のみを削り、その形で充填できる材料で治療します。
そうすれば歯の健康な部分をほとんど削ることなく残せます。

また、歯を失ってしまった場合、今までの治療というのはブリッジもしくは入れ歯しかありませんでした。
しかし、ブリッジという治療法は両サイドの健康な歯を大きく削って歯のないところに橋を架ける治療法ですから、当然健康である両サイドの歯の寿命を縮めることになります。
しかし、歯がなくなったところにインプラント治療を行えば、両サイドの健康な歯を削ることなく、しいてはその歯の延命に繋がります。
そういう意味で、歯を失ってしまった場合のMIとはインプラント治療のことを指すのです。

医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック 岐阜本院、名古屋駅前院で行うインプラント治療は院長である大口弘が開発した大口式(OAM)インプラント法です。
ドリル式とは違い、健康な骨をほとんど削らないため、切開する範囲も必要最小限ですみます。
痛みや出血も少なく、腫れも少ない、患者様には低侵襲で、負担の少ない術式ですので、まさにMIの極みであるインプラント治療法と言えます。


このように私たちMIを心がけている歯科医師は、常に「どのような治療を行ったら、患者様の身体の負担が最小限にとどめることができるのか?」ということを常に念頭において治療しています。
つまり、MIとは自分の口の状態を、できるだけそのままの状態で保っていきましょうということなのです。
健康な自分自身の歯や歯肉に勝る人工物はどんなに医学、科学が進化してもあり得ません。
自分自身の歯や組織を少しでも多く残すことが健康な歯を維持することに繋がり、不自由しない食生活を保つ秘訣です。

医療法人大徳会 大口弘歯科クリニック は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31