インプラントブログ

2018年10月24日 水曜日

インプラントのアバットメントとは

アバットメントとは、インプラント本体と上の被せ物をつなぐパーツのことです。
それ以外にも、インプラント本体に接続する様々なパーツのことを示す場合もあります。
例えば、歯茎の治りをコントロールするためのパーツ、型どりのためのパーツなどです。
また、既製ものやオーダーメイドのものまで様々です。

基本的には骨に埋め込むフィクスチャーの部分と、上に被せる歯とを連結する部品をアバットメントと言います。
ただ、上の歯と連結されていなくても、フィクスチャーの上に装着するだけでもアバットメントと呼ばれるものがあります。
一つはヒーリングアバットメントというもので、1回法の時もしくは2次手術の時など、インプラントの頭出しをする際に、周囲粘膜の治癒のコントロールを目的としたものです。
インプラントが歯肉に埋まらないようにするためや、インプラントのプラットフォームから歯冠の最大膨隆部までの立ち上がりの形態を整えるために、太さや高さ、形態など様々な種類が用意されています。
他には、インプレッションアバットメントという、インプラントの型どりの際に、インプラントの方向と位置を記録するためのものがあります。
これはメーカーによってはインプレッションコーピングと呼ばれたりしています。
歯と連結されるタイプの一般的なアバットメントにも、既製の安価なものからオーダーメイドの高価なものまでいろいろあります。

アバットメントの種類も、インプラントの仕上がりに大きく影響するのです。
フィクスチャーと骨がしっかり生着したことを確認してから歯としてみえる部分である上部構造をつくっていき、噛み合わせの調整も細かく行っていくのですが、その工程もまた非常に重要な道のりなのです。
インプラント体の埋入から完成、そしてその後のメンテナンスまでしっかり技術を持った、信頼できる歯科医院をお選びになることをお勧めいたします。

安全、確実なインプラント治療ができる先生かどうか、わからないこともしっかり説明してくれるかどうか、最新技術や知識を取り入れる姿勢があるか、など信頼できる歯科医師、歯科医院選びをしっかり行うことが重要です。
当院ではインプラント治療をしていただいた患者様とは長いお付き合いをさせていただくと考えます。アフターフォローやメンテナンス、口腔内の管理まで徹底して行わせていただきます。

大口式インプラント法は0.5ミリほどの極細の器具で手作業で骨を徐々に押し広げていく術式で、骨を削らないので、術後の痛みや腫れも非常に少ないのです。
徐々に穴を拡げることにより、周りの骨は固くなり強固にインプラント体を包むことができます。

大口弘歯科クリニックは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラントのノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。
他院で断られた、諦めていた方、また大口式(OAM)インプラント法をお知りになり興味のある方、どうぞお気軽にご相談下さい。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。


☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31