インプラントブログ

2018年10月 1日 月曜日

インプラントをダメにするもの

せっかく埋入したインプラント、技術力に優れた信頼できる歯科医師のもとで、メンテナンスや定期的な口腔内検査や咬合調整を怠らなければ半永久的に持たせることができるとも言われています。しかし、何らかの影響でインプラントをダメにしてしまう方も少なくないのが現状です。
本日は、「インプラントをダメにするもの」について具体的にお話しします。

1.インプラントの前後の歯に神経をとった歯があり、その根っこの先に膿がある状態

歯の神経をとった治療をして、歯に被せ物、金属の歯など被せた場合、痛みなどの自覚症状がなくても、根っこの先に、膿が溜まったりすることがあります。
その歯が埋入したインプラントの隣にあった場合、その膿が溜まっている範囲がインプラント部まで達するとインプラントにも炎症が起こり、インプラントが抜けてしまうこともあります。
根っこの先に膿の溜まっている歯をすぐに治療する必要があります。
また、インプラント埋入前に、そういう歯があれば治療をする必要があります。

2.歯ぎしり 食いしばり

元々、天然歯と同様、インプラントも横に引き倒そうとする「ちから」には大変弱くなっています。
歯ぎしりは横にギリギリ動く「ちから」がかかりますので、インプラントも横に引き倒されぐらついて最後には抜けてしまいます。
こうならないように、治療する必要があります。

3.歯科医側のインプラント設計の甘さ

インプラントの設計に無理があれば、やはりインプラントはすぐにダメになってしまいます。
インプラントの位置と人工歯の位置がよくなければ抜けてしまいます
 例えばインプラントが2本、人工歯が3本の場合、設計によってはインプラントはダメになる可能性が高くなります。
最近、アメリカや特にヨーロッパなどでインプラントの本数を極端に減らす方法が脚光を浴びていますが、基本的に白人と日本人(アジア人)の骨の大きさ、形(顎の骨の前後的な長さ)に違いがあり(1ミリとか2ミリのという違いはインプラントの予後に大きな影響を与える)白人に通用した方法をそのまま日本人に適用するのは危険があり、入念に吟味して設計をしなければなりません。

4.歯科医の技術が未熟

歯科医の技術が未熟の場合もやはりインプラントは長持ちしません。
思ったところにインプラントを埋入できなければ設計が間違ったのと同じ結果になってしまいます。
技術が未熟かどうか見極めるのは一般の患者様にとってとても難しいことと思いますが、重要な問題です。
年間100本以上の埋入実績があるか?などが参考になると言われていますが、すごい本数を埋入していても基本がぜんぜんできていない歯科医も年間100本以下の実績でもすごい技術を持つ歯科医師もいます。

5.インプラントの長さが短い

建築業の人が杭を地面に打った時、長ければ抜けにくくなりますが、短いと抜けやすくなります。
これは周知の事実です。インプラントも同じです。
最近ではインプラントは長ければ長くもつことが色々な研究で証明されています。
実際にはかなり短いものが埋入されることが多くあります。
結局は技術の未熟さに起因することかもしれません。

6.歯周病、インプラント周囲炎

【歯周病】
歯を支えている骨が溶けてしまいぐらついて抜ける。
【インプラント周囲炎】
インプラントを支えている骨が溶けてしまいぐらついてインプラントが抜ける。
【原因】
細菌感染やインプラントに過大な噛む力(咬合力)が加わる。
【歯周炎(歯周病)とインプラント周囲炎の違い】
インプラント周囲炎は、インプラントを埋入、植立してから5~6年以内におきることが多く、その期間を越すと、インプラント周囲炎の危険性は著しく低くなります。
歯周炎(天然歯)では、時間が経つに従い、その危険性が高くなります。また、インプラント周囲炎は、歯周炎と比べると、いったん起こるとその拡大スピードは著しく早くなります。明らかなインプラント周囲炎の症状が見られている場合はすぐに歯科医院を受診してください。早期に治療することはインプラントを長持ちさせることにもつながります。

7.メンテナンスをしない


違和感なく生活するために普段できることとしては、日頃からのブラッシングなどのケアはもちろん、定期的にメンテナンスを受診し専門医に経過を診て行ってもらうことや歯ぎしりや食いしばりや歯磨きの方法に癖がないか見直して改善していくことです。
インプラント治療は治療をしたらそれで終わりというわけでなく、メンテナンスが重要です。
メンテナンスをしないと、ダメになる可能性が高くなります。

インプラントは高度な技術と専門知識、設備がなければできない、難しい治療です。料金の安さや、手軽さだけを見て信頼できる医師かどうか判断しなかったために、つらい思いを経験した人もいることを知っておきましょう。大切なのは、信頼できる医師と出会う事、安易な医師選びは禁物です。

大口弘歯科クリニックは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラントのノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。

当院でも予防歯科にも力をいれております。
予防歯科は健康な歯を維持し続けるために必要なことです。虫歯や歯周病になってから治療を始めると完治するまでの時間と費用がかかってしまいます。
しかし、事前に予防を行っておけば発症を未然に防ぐことができるのです。
また、定期的に歯科医院で診察を受けることで異常を早く見つけることができるのです。
インプラントのメンテナンスはもちろん、日々の口腔環境のケアの重要性を患者様にお伝えし、必ず定期的に御来院いただいております。
メンテナンスやクリーニングでは専用のブラシで細かい部分まで磨いていき、歯間ブラシやフロスもかけていきます。ジェルでの歯茎マッサージも行っております。
口腔内の問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。


☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31