インプラントブログ

2018年9月19日 水曜日

インプラントが骨とくっつくとは・・・

骨に埋入したインプラント体は、その埋入したインプラント体が骨に埋入したときの摩擦力で、インプラント体が骨にとまっていると多くの方が思っておられるかもしれません。
しかし、実際は少し違います。
長い間、顎の中で機能しているインプラント体においては、インプラント体が骨と生着するのは、埋入した時の摩擦力ではなく、インプラント体のチタンの表面にミクロン単位で骨がからみつくことによって、つまり新たな骨がインプラント体のチタン金属表面の凹凸の上につくられることによって生着しています。
インプラント歯科用語では、これを「オッセオインテグレーション」と呼んでいます。
このオッセオインテグレーションが完成するには時間がかかります。
従って、このオッセオインテグレーションができるまでは、摩擦力で骨から抜けないようにしているだけです。
摩擦力ですので、くぎ抜きと同じで引っ張れば抜けてしまう状態です。

見た目的には摩擦力でもオッセオインテグレーションでも、骨の中にインプラント体が入っている点では同じですが、そのインプラント体と骨の接触(コンタクト)の状態が顕微鏡でみると、まるっきり違うという事になります。
摩擦で骨に固定されている場合は、チタン表面と骨の間には隙間がありますが、オッセオインテグレーションしているものは、緊密に骨とインプラント体の表面のチタンは接触しています。
言い換えれば、インプラント体を埋入した当初は、摩擦力で顎の骨から抜けないようにして、時間がたち、オッセオインテグレーションをするのを待って、インプラント体と顎の骨がさらに強く結合するのを待つということになります。
このオッセオインテグレーションするための時間は、インプラント体の種類や製品、オペ部位、患者様の骨の状態、歯科医師の判断によってもかわってきます。
このインプラント体と骨との結合までの期間(生着期間)には個人差があります。通常数か月から長くて1年待っていただく期間があります。
インプラントをお考えの方で、インプラント体と歯としてみえる上部構造が一度に入りすぐ噛めるとお思いの方もいますが、そうではありません。
インプラント体を埋入し生着期間を経て上部構造を造っていきます。
インプラント体が骨との初期結合するこの生着期間は非常に大切で、この期間に過度な力を加えると、オペ部周辺の骨や粘膜組織にダメージを与えたり、回復が遅れたりもします。
当院では、オペ後すぐに執刀医が患者様の生着期間を判断し、指示します。

インプラントの成功率(骨とインプラント体が結合する生着率)はインプラント治療を行う医院やレベルや部位によって異なりますが、条件の揃った医院で治療を行った場合は、およそ97.2%です。
インプラントは医師の技術、経験、知識、検査内容、設備などにより生着率も大きく変わります。
また、オペ後の患者様の過ごし方も生着率に大きくかかわってきます。
当院ではオペ後、Dr自らオペ後の注意事項を患者様にお話しし、意識して、注意を徹底していただけるようにしております。

実は、骨を削らない、骨にダメージを与えない、骨の性質を生かした大口式(OAM)インプラント法では、従来のドリル式とは違い、この生着期間にも非常にメリットのある術式なのです。
極細の鍼灸に使用されるような独自開発の器具と手作業により骨にピンホールをあけ内側から微細に骨を骨折させながら押しひろげていきインプラント体を埋入するので、骨がもとに戻ろうとする性質で、より強固な初期固定が得られます。
生着率はほぼ99%以上です。
大きく骨にダメージを与えるドリル式と比べ、何よりも安心安全な術式で、近年、目にするようなインプラント事故もありません。
滅菌、衛生面においても徹底しているため安全で、治療後のメンテナンスも含め長く患者様とお付き合いしていくことを重視しているため安心して通院していただけると思います。

インプラントについて、詳しく知りたい、どんな疑問や質問でも結構です。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31