インプラントブログ

2018年9月18日 火曜日

インプラントの本数を最小限にするオーバーデンチャー

現在、入れ歯をされている方の中には、入れ歯が合わない、歯茎が痛くなる、噛みにくいなど不都合な思いをされている方が多くおられると思います。
何度調整してもうまくいかない場合は、歯茎の土手である顎堤が低い、浅い場合は歯茎に対する掛かりが弱く、横揺れして痛みが出やすくなります。
また、歯が欠損している配列によっては、入れ歯が動きやすくなります。噛み合わせがないところに入れ歯をつくっても不安となりますし、残っている歯と噛むと入れ歯をしている歯茎は沈みこむので動いてしまいます。
入れ歯でうまく噛めない方には、自分の歯同士で噛みあうところのない、すれ違いの噛み合わせの方に多いです。

そんな場合、最小限の1本のインプラントの良さを発揮するのが、インプラントを欠損している配列で最も有効な場所に埋入して、そこでアタッチメントという金具でインプラントと入れ歯が最も動く場所でホックやマグネットでくっつける方法があります。
(当院では、特殊加工の金属を使用しないボタンのようにカチッと止まるホックです。)
こうすることで、噛んだ時の入れ歯の沈み込みをゼロにすることができ、また入れ歯の横揺れもゼロにすることができます。
噛む力が逃げることなく動かない入れ歯で受け止めることができ、よく噛めるようになります。
この方法は、基本的には1本~数本のインプラントでできますので、多数の歯が欠損していて、そこにすべてインプラントを入れる方法では莫大な費用となってしまうので、比較的低コストでできる方法としてインプラント治療の一つとしてご提案させていただくこともありますし、患者様にも人気のある治療です。
この方法をオーバーデンチャーと言います。
このオーバーデンチャーは歴史がある方法で、安全性も確かめられています。
インプラントの本数を極力少なくしたい方や入れ歯で不自由されている方にはお勧めの方法でもあります。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 最新のCTを導入し、あらゆる角度から診断分析し、最善の治療方法をご提案させていただきます。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31