インプラントブログ

2018年9月11日 火曜日

インプラントと天然歯のブリッジ

インプラント治療を希望される患者様の中には、インプラントと天然歯のブリッジができると思われている方が意外と多くいらっしゃいます。
例えば2本歯が欠損していたとして、インプラントを1本いれ、欠損部位2か所の隣の天然歯と橋渡しで3本分ひとかたまりにしたブリッジにするということです。
こうすれば、欠損している2本分を、1本だけインプラントを埋入することで解決することができます。
費用も1本分におさえられとても魅力的な方法のように思えます。

しかし、この方法でインプラント治療を行うと、2~3年後にはこのインプラントが抜けてしまいます。
このことは世界のインプラント歯科医師が過去に教訓として学んだことです。
なので、インプラントと天然歯のブリッジは特殊な例を除いては基本的に行いません。
この理由は、天然歯は噛んだ力で数十ミクロンから場合によっては数百ミクロン沈み込みます。それは、天然歯と骨は直接接していないからです。
天然歯と骨の間に歯根膜という薄い膜で、柔らかい線維を介して接触固定されています。
それに対して、インプラントは骨とチタンのインプラント表面がしっかりとくっついていて、つまり硬いインプラント表面と、硬い骨が直接接していて、あそびがありません。
その結合の状態を、オッセオインテグレーションと言います。
つまり噛んだ力がかかってもインプラントは骨の中で動くことは、基本的にはありません。
噛む力がかかると、一方がインプラントで全く動かず、一方が天然歯で沈み込む、沈み込む天然歯は、インプラントを引き倒す力として働き、そのうちそのうちインプラントは抜けてしまいます。
したがってこの設計は、インプラント歯科医師としては受け入れることができません。
欠損の歯の配列によっては例外も存在しますが、特別な処置が必要になってきたりしてくるので、基本的にはインプラント同士、天然歯同士のブリッジではないと不可能としています。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30