インプラントブログ

2018年9月 7日 金曜日

矯正治療とインプラント治療

矯正治療とインプラント治療のコンビネーション治療は最近とても増えてきているのです。
インプラント治療は骨に人工歯根を入れ、安定を待った後、その上に人工歯を補う治療です。失ってしまった歯の根があった部分に、チタンという生体安定性の高い金属でできた根をかわりに埋め込みます。
骨に直接埋め込むわけですから、いったん入れると位置の移動はできなくなります。
*インプラントを入れるのに最適な場所を作るため
*スペースを確保するため
*インプラントをする箇所以外の噛み合わせ、歯並びを整えておくため
インプラントを実際に埋め込む前に、下ごしらえとして、またより良い噛み合わせ、歯並びを達成するために、矯正治療を行うことが多いのです。

進め方は大きく2つあります。

1.矯正治療を先に進め、見通しがたった時点でインプラントを埋め込む方法

 矯正治療で改善できることが全顎的にある場合、矯正治療のみ行う方と同様にまず矯正治療を進めていきます。
 最終的に矯正治療が終わってからインプラント治療を行うのではなく、大まかな見通しがたった時点で同時進行することが多いです。
 インプラント治療は人工歯根を埋め込んだ後、安定するまで待たなくてはいけない期間があります。
 なので、人工歯根が安定し、人工歯が入れられるタイミングと矯正治療が終えられるタイミングを合わせること目指します。

2.シュミレーションを行い、なるべく早くインプラントを埋め込む方法

 矯正治療、インプラント治療に先駆けて、最終的に目指す噛み合わせのシュミレーションを行う方法です。
 シュミレーションした噛み合わせをもとに先にインプラントを埋め込み、その後矯正治療を進めます。
 これはインプラントはいったん入れると位置を変えれないことをうまく利用し、その他の歯を動かす固定源として使用するために行います。
 ただし、いったん入れたら位置は変えられませんので、シュミレーションを正確に行うことが求められます。
 上下で噛みあう歯が少なく、食事をとるのに困難を感じるため、早々にインプラント治療をする必要がある方やインプラントを先に埋め込むことでその他の歯の移動が有利に行える方に向いています。

どんな治療にも特徴があります。
その特徴をうまく活かして治療に取り込むことで、全体的なお口の状態を早く整えることのできる安全な方法を選択するよう努力しています。
当院院長である大口弘は骨を削らない安心、安全で事故のない大口式(OAM)インプラント法の開発者であり、インプラント名医であります。
一方で矯正治療においても大口式スピードホーム矯正法というどこにもないオリジナル矯正装置を使用した、どんな矯正装置よりも効率の良い矯正法を開発した矯正治療の名医でもあります。
インプラントにおいても矯正においても、ノウハウを知り尽くしております。長年の経験と知識と確かな技術を持ち、患者様に最適な治療法のご提案を幅広い視点から常にご提案させていただいております。

お口の中の状態で気になることのある方、インプラントや矯正に興味のある方、是非ご相談下さい。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30