インプラントブログ

2018年8月28日 火曜日

インプラント治療後の噛み合わせ

皆さん、歯科医院で治療時に上下の歯の間に紙を挟んでぎしぎしと噛んだことはありませんか?
これは「噛み合わせ」をチェックし、調整する箇所を確認するために行っています。
これは非常に重要なことで、「噛み合わせ」が悪いと、上下の歯に隙間ができすぎたり、逆に接触が多すぎて歯茎や顎に負担がかかったり、歯周病になりやすくなったりします。

人工の歯根と歯を使うインプラント治療をした箇所は、強度の違う天然歯との噛み合わせになることもありますので、特に念入りな調整が必要です。
以外と皆さんに知られてないことなのですが、定期的に噛み合わせをみてもらわないとインプラント後にも治療した歯は時間をかけて移動します。
移動すれば歯と歯の間に隙間ができて、食べたものが詰まったり、放っておくと隙間が広がりスカスカになります。
そうなると、歯に詰まったものをその都度取り除かなくてはなりません。そのまま隙間が広がっていくと。せっかくインプラントの上に作製した上部の人工歯を取り替えることにもなります。
隙間の間に詰め物をつけ足せばよいと思うかもしれませんが、実際にはそのようなことはできませんので、やはりそれ相応の治療と費用がさらに必要になります。

そうならないための予防はクリニックでの定期的な検診で噛み合わせを調整してもらう以外にはありませんので、必ずメンテナンスは怠らずに行くようにしてください。
噛み合わせの調整はチェックをしては微調整を繰り返す必要があり、結構時間がかかる時もあります。
しかし、きちんと調整してもらい、せっかくのインプラントを長く保ちましょう。

大口弘歯科クリニックは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラントのノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。
他院で断られた、諦めていた方、また大口式(OAM)インプラント法をお知りになり興味のある方、どうぞお気軽にご相談下さい。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。


☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30