インプラントブログ

2018年8月22日 水曜日

インプラント治療と栄養

私たちの身体を支えている骨は、支持組織として機能を果たしているだけでなく生命に必要なカルシウムやリンの貯蔵庫として重要な役割を演じています。
カルシウムは神経系の伝達、血液凝固、筋肉の収縮、細胞内の調節などを行い、これらが常に働くように骨の代謝により体液のカルシウム量は一定に保たれています。

インプラントの周囲は丈夫な骨で囲まれていることが重要です。
近年、様々な研究により、インプラントの表面性状は進化し、骨と結びつきやすくなりましたが、反面、骨は食事により体の中に取り入れられた栄養素で作られますが、その方向への取り組みは、まだまだ不十分であると考えています。

インプラントの治療の際には、歯槽骨の速やかな状態回復のために充分な栄養素の摂取が望まれます。
例えば、下記のような栄養素が特に重要です。
*アミノ酸:コラーゲンを構成する素材となる
*ビタミンC:歯槽骨や歯肉を構成する土台となるコラーゲンの生成をサポートする
*カルシウム:骨の主要な構成成分
*ビタミンD:腸管でのカルシウムの吸収を促進する
*ビタミンK:体内でのカルシウムの活用をサポートする

これ以外にも多くのビタミンやミネラルをはじめとする微量栄養素が、歯槽骨の回復のために大切な働きを果たしています。
しかし、インプラント手術直後の患者様は咀嚼が不自由なため(当院では3週間は流動食を徹底していただいています。)、食事から十分な栄養素を得ることが難しい状況におかれてしまいがちです。
いつもより栄養摂取が必要であるのに、それができにくい時などはサプリメントなどで補う事も一つの方法です。
インプラント治療終了後はよく噛めるようになるため栄養素を効率的に摂取できるようになるでしょう。
歯があり、十分に噛めている間は骨が強化され骨粗しょう症などの予防にもつながります。

健康で過ごすために歯があることは大切です。
真の歯科治療には、体の中からのサポートも不可欠です。

大口式インプラント法は0.5ミリほどの極細の器具で手作業で骨を徐々に押し広げていく術式で、骨を削らないので、術後の痛みや腫れも非常に少ないのです。安心、安全で事故のない術式です。
徐々に穴を拡げることにより、周りの骨は固くなり強固にインプラント体を包むことができます。

大口弘歯科クリニックは、大口式(OAM)インプラント法開発者である大口弘が自ら執刀する唯一のクリニックです。
長年の経験と技術、インプラントのノウハウを知り尽くした当院院長は、どんな症例の方でも出来る限りの挑戦をいたします。
技術力だけでなく、全身管理や術後のケア、被せ物の材質の知識など、様々な面での土台も兼ね備えております。

他院で断られた、諦めていた方、また大口式(OAM)インプラント法をお知りになり興味のある方、どうぞお気軽にご相談下さい。
★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。


☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30