インプラントブログ

2018年8月25日 土曜日

ブリッジからインプラントへ。

歯が抜けてしまった場合、昔は特に迷うこともなくブリッジをされる方がほとんどだったと思うのですが、最近はブリッジよりもインプラントを選択する方が増えています。
長年ブリッジをされていた方も、インプラントにしてほしいということで来院される方も珍しくありません。

ブリッジは失った歯をとりあえず補完するという意味では手軽な治療なのですが、将来的なことを考えるといろいろな支障が生じてくることを患者様がよく理解されるようになってきたのだと思います。
ブリッジは連結歯(被せ物)をするために、欠損部分の両隣(または片側だけ)の歯を削ります。
健康な歯を削ってしまうことに抵抗がある患者様も多いのですが、実はそれだけではありません。
この時に歯髄の中の神経などを取り除いてしまうことが多いのです。歯の表面を削ると知覚過敏のようになって、歯がしみると訴える患者様もおりますので、最初から神経等を除去してしまうドクターが多いのです。
虫歯の治療などで経験がある方も多いと思いますが、こうした根管治療(歯内療法)によって神経や血管などを取り除いてしまった歯は、栄養などが行き届かなくなるため、弾力が失われ、細菌に対する抵抗力も弱まり、結局歯の寿命が短くなってしまいます。いわば、枯れ木のような状態といってよく、もろくなって歯にひびが入ったり、割れてしまったりして一生、使うことは難しくなります。
ブリッジの寿命は統計的に約7年と言われていますが、その原因には支えている歯が割れたり、ヒビが入るなど外傷性のトラブルによってダメになるケースも多いのです。
欠損部にインプラントをいれることは周囲の天然歯の負担を軽くすることができるので外傷性のトラブルを防ぎ、歯の寿命を延ばすことに繋がります。

このようにインプラントであれば、歯を削らなくてすむだけでなく、周囲の歯を守ることに繋がります。
歯を欠損したことはマイナスですが、インプラントをすることにより、歯列全体を守るというプラスの方向へと転換することができると言えます。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30