インプラントブログ

2018年8月 9日 木曜日

インプラントに最適な歯磨き粉

長い時間をかけて治療を終えたインプラント。インプラントはしっかりお手入れしてあげないと長持ちさせることはできません。
インプラントのお手入れの方法は歯科医院での定期的なメンテナンスと自宅で行うセルフケアの両方が大切になってきます。
セルフケアといってもどのようなことに気を付けなければいけないのかについてお話しします。

インプラントはお手入れを怠ると「インプラント周囲炎」という歯周病と同様の病気になってしまいます。
歯を磨かずにいると歯周病の原因菌が歯茎とインプラントの隙間から侵入し骨を溶かしてしまいます。
骨という支えを失ったインプラントは次第にぐらぐらしてきます。これがインプラント周囲炎という病気です。
インプラント周囲炎にかかってしまうと、最悪の場合インプラントを抜かなくてはなりません。

日頃のブラッシングは丁寧に磨いてください。歯ブラシは硬い毛先を使用すると、インプラントの被せ物を傷つけ、傷ついた部分に汚れがたまるので注意しましょう。また、インプラントの周囲にもデンタルフロスや歯間ブラシを使用しましょう。
歯磨き粉は通常のものと同様のものを使用するのも良いですが、粒の大きな歯磨き粉は、インプラントの表面に傷をつけてしまうので使用を避けましょう。
天然歯も健康に保つことができるフッ素入りの歯磨き粉もおすすめです。電動歯ブラシを使用されている方は発泡剤や研磨剤が含まれていない歯磨き粉を使用すると、より磨きやすくなります。

インプラントのセルフケアをもっと知りたいという方はメンテナンスの際にご相談ください。
当院では、毎日の歯のケアの重要性に重点をおき、日々通院される方に、歯周病検査やブラッシング指導をしたりしています。意識的に患者さん自身にも口腔内ケアに取り組んでもらえるような診療を行っております。歯のことでお悩みの方、心配なことがある方、どうぞお気軽にご相談ください。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31