インプラントブログ

2018年8月 8日 水曜日

奥歯のインプラント

見た目にはわかりにくい奥歯の喪失、インプラントまでする必要があるかと思う方もいるかもしれません。
しかし、実は奥歯は全身に大きな影響がある部位なのです。奥歯の噛み合わせの悪さが原因で引き起こされる様々な全身症状についてみていきます。
頭痛や肩こりなど、日ごろの疲れが原因だと感じている症状は実は噛み合わせが原因かもしれません。
頭蓋骨のバランスが崩れると肩こりや腰痛の原因となります。そしてこの頭蓋骨のバランスを崩す原因として考えられるのが顎のズレであり、上下の顎の位置を決めているのは歯の噛み合わせです。左右の奥歯の位置が少しずれているだけでも頭蓋骨は徐々にバランスを崩していくのです。
噛み合わせと関係している主な症状は、片頭痛、頭痛、眼の疲れ、顎関節症、いびき、耳鳴り、肩こり、腰痛、背中の痛み、自律神経失調症などがあります。
【奥歯でしっかり噛むことで得られる効果】
*脳内の血行がよくなり頭がよく働く。
*全身の不要な緊張がとれ身体が柔らかくなる。
*記憶力がアップする。
*身体の免疫力が高まる。
*ホルモンバランスが良くなり美容や健康が維持される。
*アルツハイマーの予防になる。

その他にも歯でよく噛む習慣をつけるだけで様々なメリットがあると言われています。
*唾液が多く分泌されるため、虫歯になりにくくなる。
*満腹感を得やすくなり、結果食べすぎを防いで太りにくくなる。
*背筋、胸、背中などにある筋肉を使うことで姿勢が正しくなる。
*唾液に含まれるペルオキシダーゼが口内に多くなり、ガン予防につながる。
【奥歯のインプラントのメリット】
歯周病や外傷などによって前歯や奥歯を失ってしまった場合には、インプラントの他にもブリッジや入れ歯を入れる方法があります。こうした方法も噛み合わせを良くする方法の一つではありますが、ブリッジの場合は支えになる歯に大きな負担がかかるため、将来的にその歯を失う恐れがあり、入れ歯の場合はバネによる隣の歯への負担が大きく、噛む力が健康な状態よりも衰えやすくなります。
その点、インプラントで治療すれば、隣の歯を削る必要もないため周囲の歯に悪影響を及ぼすことはなく、硬い物でもしっかり噛むことができるようになります。噛み合わせが良くなり、硬い物も問題なく噛めるようになれば、全身にも良い影響を与え、身体全体の健康にも効果が期待できます。

正しい噛み合わせが叶う歯をそろえ、奥歯でよく噛む環境を整えることで、一生ものの多くのメリットを享受することができるのです。

大口式インプラント法は0.5ミリほどの極細の器具で手作業で骨を徐々に押し広げていく術式で、骨を削らないので、術後の痛みや腫れも非常に少ないのです。
徐々に穴を拡げることにより、周りの骨は固くなり強固にインプラント体を包むことができます。
器用さと勘と豊富な経験実績のある大口先生のなせる特殊技術です。

また、大口式(OAM)開発者である当院院長の大口弘はインプラントのノウハウを知り尽くし、どんな骨の状態の方でも常に最善の方法を見出し、挑戦します。長年の経験と知識と勘と特殊技術を持ち合わせているためになせる技なのです。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31