インプラントブログ

2018年8月 3日 金曜日

インプラントからの臭いの原因

インプラント治療を受けた後、口内から発せられる嫌な臭いに悩まされるようになったということをおっしゃる人がいます。
確かに顎骨に打ち込んだ金属や人工歯は本来なら口内に存在しないものです。そのため、これらが原因となり、口内から嫌な臭いが発せられることがあります。

まず、その原因として考えられることは、歯茎と人工歯の間に入り込んだ汚れです。人工歯であってもプラークは付着します。
もちろん人工歯ですので虫歯になることはありません。そのためプラークが付着していることに気づかないことがしばしばあるのです。
それでまず口内から嫌な臭いが発せられた場合は人工歯と歯茎の間をしっかりと歯ブラシで磨くようにします。多くの場合、この方法で臭いは解決されます。

適切な歯磨きをしていても口臭が気になる場合、インプラントの構造が問題かもしれません。噛み合わせのバランスが崩れて歯茎に埋め込まれているネジが緩んでいたり、固定していたセメントが流れ出てしまうこともあります。接着部分に不備が出るとその隙間から雑菌が入り込むので、口臭が起こるかもしれません。この場合は、もう一度接着し直したり、義歯を作り直す必要があります。
どうしても臭いが解決しない場合は担当医に相談してみましょう。

また、インプラント周囲炎が原因の場合もあります。歯茎の腫れから始まり、きつい口臭とともに出血などの症状が現れはじめます。
インプラント周囲炎は磨き残しをそのままにしたり、臭いが気になりだしたにもかかわらず放置することが原因です。
膿や出血などの症状が現れたら、速やかに歯科医院を受診してください。

インプラント治療は、見た目も美しく噛む力も元の歯と変わらないということが最大の魅力です。
しかし治療をしたからとメンテナンスを怠ることはNGです。
正しいケアを身につけ口内を清潔に保つことができれば、口臭予防にもなりますし虫歯や歯肉炎予防にもつながります。
インプラント治療をしたからこそ、今一度自分の歯のケアを見直してみてはいかがでしょうか。
せっかく治療したインプラントです。しっかりメンテナンスをし、何十年でも長持ちさせましょう。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。
☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。


大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31