インプラントブログ

2018年7月17日 火曜日

歯にいい食べ物

肌や腸内環境にいい食べ物など色々ありますが、歯にいい食べ物もあるのはご存知でしょうか?
今回はあまり知られていない歯にいい食べ物をご紹介します。
1.象牙質を強くするビタミンC
*オレンジ、ミカン、レモンなど柑橘類 キャベツ ブロッコリー イチゴ等
 象牙質はエナメル質の中にあり、エナメル質よりも柔らかく歯の大部分を占めています。
 また歯茎を健康的な状態でキープするためにもビタミンCを適度に摂取することが大切になります。
 特にシトラス系の過剰摂取はかえって歯のエナメル質を柔らかくしてしまうので、1日1個を目安に食べすぎないように注意してください。
2.再石灰化のもとになるカルシウム、リン
*ニボシ ゴマ エビ チーズやミルクなどの乳製品等
 カルシウムは歯を強くしながら口の中の病気を予防してくれます。
 再石灰化とは、歯は日々少しずつ生まれかわっていて毎日「脱灰」と「再石灰化」を繰り返しています。
3.再石灰化をサポートするビタミンD
*レバー 干ししいたけ イワシ 等
 カルシウムなど歯に必要なものを消化しやすくしてくれます。
4.エナメル質を強くするビタミンA
*人参 かぼちゃ ウナギ等
 エナメル質とは、歯の一番外側、表面を覆う部分
5.歯の土台をつくるたんぱく質
*牛乳 納豆 卵等
6.フッ素が多く含まれている
*チェリー(さくらんぼ)
 フッ素は歯の一番外側のレイヤーを強く固くしてくれます。そして外のレイヤーが良くなればなるほど、プラークが接着しにくくなり虫歯になりにくくします。
7.唾液の分泌を促す
*サラダ セロリ カリフラワー リンゴ等
 噛めば噛むほど唾液が出やすくなり、歯を守る状況をつくってくれます。
 サラダ、リンゴに関しては噛むときに歯の表面を綺麗にしてくれます。

これらを食べたからといって虫歯や歯周病にならない、悪化しないという訳ではありません。
基本は毎日の歯磨きや定期的な検診を受診し予防していくことがもちろん大切です。
バランスの良い食事を心がけ、歯と歯茎の健康を守っていきましょう。

当院では、毎日の歯のケアの重要性に重点をおき、日々通院される方に、歯周病検査やブラッシング指導をしたりしています。意識的に患者さん自身にも口腔内ケアに取り組んでもらえるような診療を行っております。歯のことでお悩みの方、心配なことがある方、どうぞお気軽にご相談ください。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31