インプラントブログ

2018年7月13日 金曜日

歯内病変と歯周病変

ものを噛んで歯が痛くなる時は歯内(歯の中の神経から歯の根の先まで)か歯周(歯の周り)かどちらかの鑑別が必要となります。
【歯(歯内)の痛み】
1.象牙質の痛み
歯の構造において最表面にあるエナメル質に内側にある象牙質で痛みを感じると言われております。象牙質は硬い組織にもかかわらず、象牙細管という細い管の構造があり、そこから歯髄の神経が刺激され痛みが生じます。
2歯髄の痛み
歯に関するお口の痛みの中で、最も強烈で一番多いものは歯髄の痛みです。歯の中には歯髄があり、そこには多くの神経や血管が走行しています。ここに痛みが生じる原因としては、虫歯が歯髄に達した場合や歯の破折があります。さらに咬合力(噛む力)や歯ぎしりなど外傷が加わることにより、歯の欠損がなくても痛みが生じることがあります。

【歯の周り(歯周組織)の痛み】
歯の周りからの痛みは比較的容易にその場所を特定できます。問題のある歯は噛んだりすることで痛みを生じます。歯の周りの痛みは通常、細菌の感染による歯肉、歯根膜、歯槽骨の急な炎症の過程で生じます。

【歯根膜の痛み】
歯根膜の痛みは異常な機械的刺激(歯ぎしり 噛みしめ)により歯周ポケットに生じる急性の炎症によって生じます。また高いクラウンなども原因とされています。

【歯内病変と歯周病変の合併による痛み】
これはいくつかの原因が考えられます。一つは歯髄の炎症から歯髄が死んでしまい、その後歯の根の先端に炎症を引き起こすものです。この根の先の病変が大きくなる場合もありますし、歯肉と歯周組織の感染により歯周ポケットを形成し歯の辺縁に炎症を引き起こすものがありそれと合併してしまうものです。原因が歯内であっても歯周であっても痛みの特徴、局所、疼痛を生じる状況は類似していますが、治療方針はその原因を特定してからですが歯内病変と歯周病変とでは全く異なります。この特定が非常に難しいときもあり、治療方針を誤ってしまうと、治療後も経過が一向に良くならなかったりすることもあります。

【根尖性歯周炎】
なんらかの原因により根の周りの組織に炎症をきたした結果、根の先端(根尖)の組織(根尖周囲組織)が病的変化を起こした状態です。それにより噛んだ時に炎症を起こした根尖周囲組織や病変が刺激されて痛みや違和感を生じます。炎症が重度になると発熱して腫れたり激痛を伴う事もあります。
*原因
口腔内の細菌が歯の神経や神経の菅に感染することにより、その中で繁殖して毒素を産出します。その毒素が根尖より漏れ出た場合根尖周囲組織に炎症を生じ根尖性歯周炎を生じます。
*どこから細菌感染するか。
重度の虫歯や歯周病や外傷により細菌感染を起こす。
*治療
残念ながら様子をみたり薬を飲んでも治りません。歯髄が死んでしまった根管の中は他の組織と異なり、血液やリンパなどの循環がないため、細菌を自身の免疫で排除することができないからです。
そのため直接的に根管内の細菌を除去する根管治療が必要です。また最初の原因が歯周病の場合は根管治療の後に専門的な歯周病の治療を行う必要があります。

定期的なメンテナンス時に、虫歯や不十分な補綴物がみつかった場合は治療することで根尖性歯周炎の発症を予防して、不十分な根管治療や根尖がみつかった場合は早期に治療を行うことをお勧めします。
また口腔内の細菌を少なくすることも歯周病の予防だけでなく根尖性歯周炎の予防にも重要です。
しっかりとした専門医のもと、痛みの原因を詳細に診断してみてから専門的治療を行っていくことをお勧めします。


当院では、毎日の歯のケアの重要性に重点をおき、日々通院される方に、歯周病検査やブラッシング指導をしたりしています。意識的に患者さん自身にも口腔内ケアに取り組んでもらえるような診療を行っております。歯のことでお悩みの方、心配なことがある方、どうぞお気軽にご相談ください。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31