インプラントブログ

2018年7月10日 火曜日

間違ったブラッシングの影響

毎日の歯磨きは虫歯や歯周病予防には不可欠です。しかし、歯の汚れを落としたいからと力を入れて強く磨きすぎるのはNGです。かえって歯や歯肉を傷つけてしまいます。
以下に間違ったブラッシングによcつて起こる害についてあげます。
【軟組織に及ぼす影響】
1.歯肉擦過傷
力任せに横磨きをすることで、歯肉についてしまう擦り傷のことです。硬い毛の歯ブラシ、あるいは古くなって毛先が傷んだ歯ブラシを使うと起こりやすくなります。

2.歯肉退縮
歯肉は加齢に伴って退縮しますが、乱暴なブラッシングや力の入れすぎ、あるいは毛先が傷んだ歯ブラシを使う事でも起こりやすく、退縮の度合いも非常に大きくなります。
歯肉が退縮すると、歯の根っこの面がお口の中に露出します。根っこの面には「エナメル質」がなく非常に柔らかいので、乱暴なブラッシングを続けていると根っこの面がどんどん削れていきます。

3.クレフト(歯肉裂け開)
歯肉にできたV,あるいはU字型の縦の裂け目のことです。力任せの縦磨きによって、磨き残しが歯と歯の間にできます。
歯と歯の間に汚れがたまるので歯間乳頭(歯と歯の間の歯肉)に炎症が起こって腫脹するのと同時にブラシに通ったとおりに歯肉が削れることによって起こります。

4.フェストゥーン
歯肉のふちが輪状に盛り上がった歯肉の形態異常です。ブラシでこすられた歯肉が反応性に肥厚することで起こります。クレフトと同様に力任せのブラッシングによって起こります。

【硬組織に及ぼす影響】
くさび状欠損
歯がくさび状に削りとられてしまったもので、歯肉沿いの歯の部分にできます。粒子の大きい歯磨き剤を使ったり、歯磨き剤の使い過ぎ、あるいは力の入れすぎによって起こります。

歯ブラシに力を加えすぎると、毛先が広がってしまうので、清掃効率が落ちてしまうだけでなく、傷つけるもとになります。
硬すぎる毛の歯ブラシも同様で磨いた気がする割には磨き残しが多くできやすくなります。歯磨剤の使用も適量を守るようにしましょう。
適正なブラッシング圧は100~200グラムと言われています。
もし、歯茎の腫れや出血が気になる方は、歯科医院で歯磨きの指導を受けると良いでしょう。
自分の歯並びに合った正しい歯磨きの方法を学ぶことでプラークコントロールを身につけましょう。

当院では、様々なお口の問題でお悩みの方へ、あらゆる方向から分析、診断し、最善の治療計画を常にご提案させていただいております。
お口の問題でお悩みの方、どうぞお気軽にお問合せください。


当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 また、予防歯科にも力をいれております。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30