インプラントブログ

2018年7月 7日 土曜日

歯周病と全身疾患

近年の研究により、歯周病にかかると糖尿病が悪化したり、心臓疾患のリスクが高まったりすることが明らかになってきています。
歯周病は歯垢が原因で引き起こされる歯茎の感染症です。歯垢の中に潜む歯周病菌が毒素を出すことで歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされ、そのまま放置すれば最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうこともあります。
たとえ1本でも歯を失ってしまうと空いたスペースを埋めようと隣の歯が倒れてきたり歯列が崩れることで噛み合わせが悪くなったりするなど、咀嚼能率が下がる原因になります。さらに、歯周病が進行すると歯周病菌が歯茎の毛細血管から侵入し、血液中をめぐりながら各臓器へと運ばれます。そして、全身の臓器に大きな影響を及ぼすことが確認されているのです。

以下に歯周病との関連性が明らかになっている6つの全身疾患をあげます。

1.糖尿病
歯周病の炎症によって作り出される物質(サイトカイン)によって血糖値のコントロールがしにくくなり、悪化させてしまいます。歯周病にかかると糖尿病のリスクが3~4.2倍になると報告されており、2つの病気は密接に関わりがあることが分かります。逆に糖尿病になると免疫力が低下し、歯周病などの感染症にかかりやすくなります。双方で悪影響を及ぼしていることになります。

2.心臓疾患
特に歯周病と関連があると言われているのが「感染性心内膜炎」です。これは心臓の内壁を覆っている膜(心内膜)に細菌などが感染して炎症が起こり心臓の働きが低下する病気です。歯周病に感染すると歯茎から血管内に細菌が侵入し血流にのって心臓に運ばれることで感染性心内膜炎を発症することがあります。
特に感染症に対する抵抗力が落ちている人や弁膜症など心臓の病気がある人に起こりやすい病気です。
なお、歯周病にかかっている人は、狭心症や心筋梗塞などの心疾患のリスクが1.9倍に高まるとされています。

3.誤嚥性肺炎
嚥下機能障害の為、唾液や食べ物などと一緒に、誤って細菌を気道に吸引することで発症します。肺炎を起こす細菌の主な感染経路は気道です。高齢者の方は誤嚥するだけでなく気管に入ったものを出せずに。そのまま細菌が肺に入って炎症が起こります。それが誤嚥性肺炎です。特に食べ物と細菌が同時に入ってしまうと重症化しやすいという報告があります。
歯周病菌が気道経由で感染を広げる病気の代表であり、歯周病にかかっていると誤嚥性肺炎のリスクは1.74~4.5倍になるとされています。

4.脳血管疾患
脳の血管のプラークが詰まったり、頸動脈や心臓からの血の塊やプラークが飛んできたりすることで、脳血管が詰まる病気です。
歯周病菌が血液中に侵入し、血管壁の細胞に炎症を起こし動脈硬化の進行に影響を及ぼしていることが考えられます。
また、歯周病にかかっていると脳梗塞になるリスクが2.8倍に高まります。

5.早産 低出生低体重児

妊娠中の女性が歯周病に感染すると、歯周病菌が羊水に混ざって胎児の成長を妨げると考えられます。また、サイトカインという炎症性物質が血管内に広がることが引き金となり、子宮の収縮や陣痛を促すのです。母親のおなかで胎児が充分に成長していないのにも関わらず、体が出産準備に入ってしまうため早産で2.27倍、低出生低体重児で2.83倍まで確率が高まることがわかっています。

6.関節リウマチ

免疫の異常により手足の関節が腫れたり、痛んだりする病気です。歯周病菌が作り出す毒素(炎症性物質)によって、関節リウマチが発症、進行したり、症状が重くなることや、歯周病の治療によって関節リウマチの症状が改善することが明らかになっています。


健康な毎日を送るためにも日頃から口腔内を清潔に保つことが大切です。歯周病予防には毎日の適切な歯磨きがかかせません。口腔内の健康状態を保つことが、結果的に全身の健康にもつながるのです。ただし、セルフの歯磨きだけでは限界があり、ポケットの奥深くに詰まった歯垢や歯石までは除去できないため歯科医院で定期的にクリーニングを受けることをお勧めします。

当院では、毎日の歯のケアの重要性に重点をおき、日々通院される方に、歯周病検査やブラッシング指導をしたりしています。意識的に患者さん自身にも口腔内ケアに取り組んでもらえるような診療を行っております。歯のことでお悩みの方、心配なことがある方、どうぞお気軽にご相談ください。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30