インプラントブログ

2018年7月 3日 火曜日

口腔カンジタ症

舌が腫れている、口の中がピリピリ痛い、白い膜がついている、口内にこのような症状が出たら、口腔カンジタ症かもしれません。
実は、虫歯や歯周病に続いて多い口内トラブルで誰でも発症する可能性を秘めているのです。
【原因】

カンジタ菌は多くの口中に存在するため、口腔カンジタ症は比較的よくみられる症状です。誰もがどんな時に発症するかを知り、しっかり予防する必要があります。

1.免疫力の低下
カンジタ菌は誰の口中にも存在する日和見菌で、健康で免疫力がある口内では増殖することができません。しかし、ストレスや体調不良、栄養不足などで免疫力が落ちると増殖し。口腔カンジタ症を発症します。
また、入れ歯やブリッジの手入れが不十分な場合も口内細菌のバランスが崩れ口腔カンジタ症を発症することがわかっており、口内の清潔を保つことも予防の一つです。小さなお子さんや年配の方、妊婦さんなど口内環境が変化しやすい方は気にしてチェックするといいでしょう。

2.抗生剤の長期使用
病気の治療のために長期にわたり抗生剤やステロイド、真菌剤を使用している方は注意が必要です。薬の影響で口内環境に変化があり口内細菌の力関係が変わることでカンジタ菌が増殖し、口腔カンジタ症を発症します。
【治療法とは】

口腔カンジタ症と診断されて放置しても命に関わる病気ではありませんが、体内にカンジタ菌が侵入する危険もあります。また、症状が進行すると口内全体に広がり非常に不快です。治療自体は、痛みなどはなく原因がわかれば比較的簡単に完治させることができます。

1.抗真菌剤を使用する
カンジタ菌は真菌なので、治療には抗真菌剤を使用するのが一般的です。内服薬やうがい薬、塗るタイプもあり寝たきりの高齢者や新生児でも比較的治療がしやすいです。

2.免疫力の強化
多くの方の口内にはカンジタ菌が住んでいますが、健康な時に発症することはありません。抗抗菌剤に頼り切りにならずに、免疫力を回復させ口内細菌のバランスを正常に導くことも大切です。生活のリズムを見直し、健康的な生活を目指しましょう。

口腔カンジタ症は誰にでも発症する可能性がありますが、口内の清潔を保ち、免疫力をつけることで予防が可能です。発症しても治療は比較的簡単なので早めの受診を心がけましょう。

当院では、毎日の歯のケアの重要性に重点をおき、日々通院される方に、歯周病検査やブラッシング指導をしたりしています。意識的に患者さん自身にも口腔内ケアに取り組んでもらえるような診療を行っております。歯のことでお悩みの方、心配なことがある方、どうぞお気軽にご相談ください。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31