インプラントブログ

2018年6月23日 土曜日

歯の動揺

歯周炎の代表的な症状に「歯の動揺」があります。これは、患者さん自身が自覚することも多く、来院の動機となる症状の一つでもあります。
では、歯の動揺はなぜ起こるのでしょうか?
健康な歯周組織では、接合上皮の最根尖部あるいはセメントエナメル境から約1~1.5ミリの位置に歯槽骨頂が存在します。この場合、歯は支持組織によりしっかりと支えられており、機能的に問題があることはあまりありません。
しかし、実は、このような健康な状態でも歯は動揺しています。なぜなら、歯根と歯槽骨の間には、幅0.25ミリ±50%の歯根膜という組織が存在しているからです。
この歯根膜の主成分であるコラーゲン線維の両端が固有歯槽骨とセメント質に入り込むことで歯と歯槽骨をつなげていますが、この歯根膜は軟組織なので、歯根膜の幅の分、歯は微妙に動揺するわけです。これが一般的に「生理的動揺」と言われるものです。
生理的動揺は、一般的に前歯のほうが歯根が1本で細い為、大臼歯より大きいと言われています。
【歯の動揺度の分類】
0度:水平方向への0.2ミリ以下の歯冠の動き 生理的動揺
1度:水平方向への0.2~1ミリの歯冠の動き
2度:水平方向への1ミリを超える歯冠の動き
3度:2度の所見に加えて、垂直方向への歯冠の動き

歯の同様の原因は様々です。例えば、プラークに起因する歯周炎の進行による骨吸収が起こったらどうなるでしょう?その程度が軽度なら歯の動揺はそれほど変わらないかもしれません。しかし、歯周炎が高度に進行して付着の喪失量が多くなると、歯の動揺度が増すことが多くなります。つまり、歯根膜腔の幅は同じであっても、歯を支える組織の高さが減ることで、歯の動揺の支点が根尖側方向に移動し、動揺度が増大するわけです。
これが、歯周炎による歯の動揺のメカニズムです。

歯が動揺するもう一つの原因は、病的(噛みしめや歯ぎしり)な咬合力(噛む力)です。
これは、いわゆる「咬合性外傷」と呼ばれる状態で、特に強い側方圧が歯に加わった場合に生じます。
また、臨床的には、片方の側に力が加わったら反対方向からも力が加わることが多いと考えられます。これを、「ジグリング型外傷」と言います。
この様な力が加わると、歯は力から逃げようとして、歯根膜腔の幅を広げ、歯は動揺します。このように歯根膜腔の幅が広がり続けているのは病的な状態ですので、咬合調整などの処置が必要となります。
場合によっては、歯周炎と咬合性外傷が混在して動揺が生じることもあります。
また、歯肉の炎症の状態によっても歯に動揺が生じます。歯肉にも歯を支える役割があるため、支持組織の高さや歯根膜腔の幅が同じでも、歯肉に炎症がある場合はない場合と比較して動揺が大きくなるのです。

その他、歯の破折や根尖性歯周炎などでも動揺は生じます。
歯周炎によって歯が動揺している場合、骨吸収が起こっているはずなので、まずはX線写真である程度確認することができます。
加えて、歯肉の炎症状態をプローピング時の出血の有無で確認します。この場合の治療方針は、ブラッシング指導、歯肉縁下スケーリング、ルートプレーニングを主体とした歯周病治療です。
これがうまくいくと、出血は消失し、歯の動揺が小さくなる場合があります。
注意しなければならないのは、限局した歯面のみで骨吸収がある場合やブリッジの支台となっていたり、固定装置が入っている場合、歯周炎が進んでいても臨床的に動揺がみられない場合があることです。
この場合はもちろん歯周治療は必要です。また、X線写真上で歯根膜腔が拡大し、明らかな早期接触や咬頭干渉があり、それに伴う歯の動揺が進行的に増加している場合は、咬合性外傷が疑われるため、咬合調整などが必要になります。
この様に動揺の原因は様々なので、それぞれに応じた対応が求められています。

当院では、様々なお口の問題でお悩みの方へ、あらゆる方向から分析、診断し、最善の治療計画を常にご提案させていただいております。
お口の問題でお悩みの方、どうぞお気軽にお問合せください。


当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30