インプラントブログ

2018年6月 9日 土曜日

顎関節症になりやすい不正咬合

噛み合わせが悪い、不正咬合と言っても、様々なタイプのものがあります。
その中でも次にあげる4つのタイプで「顎関節症との関連」が指摘されています。
その上に、審美的な問題も含んでおります。矯正治療前より顎関節症の症状があり、これらのタイプの不正咬合があるのなら顎関節の状態を的確に把握した上で、リスクを減らせるよう細心の注意を払った矯正治療が必要となります。
①骨格性開咬
 開咬とは、口を閉じた時に奥歯は噛み合っているのに、前歯が全く噛みあっっていない不正咬合のことです。
 開咬では、噛みあう歯が少ないわけですから、噛みあった時に生じる全ての力を歯で受け止めきれません。その分、顎関節にかかる負担が増大することは容易に理解できます。
 また、開咬の度合いがひどくなると、それにつれて顎関節部にかかる力も増えていくことが証明されていますので、顎関節症リスクも高まってしまいます。

②下顎前突(受け口)
 下顎が前に突き出している状態の事で、よく言われる受け口やしゃくれ、反対咬合とも言われます。
 通常上顎の方が下顎よりも少し前に出ていますが、下顎前突症は下の前歯が上の前歯を突き上げてしまいやすくなるなど全体的に負担のかかる噛み合わせになってしまいます。その分、顎関節にかかる負担も
 増大し、顎関節症リスクも高まります。また全身にまで影響してしまうこともあるため意外と怖い不正咬合なのです。
 単なる審美障害ではありません。食べ物をうまくかみ砕けない咀嚼障害や、うまく飲み込めない嚥下障害などの口腔障害に繋がる場合や、口を閉じにくい、発音がうまくできないという場合もあります。
 過度に力がかかると骨が溶けてしまう原因にもなりますし、虫歯や歯周病になりやすいという特徴もあります。

③下顎が著しく後退した上顎前突
 上顎前突は大きくわけると、上の前歯が傾斜し飛び出したもの(歯性上顎前突)と、下顎が後退したために相対的に上顎が前突しているもの(骨格性上顎前突)の2つがあります。
 このうち、骨格性上顎前突の場合、顆頭も後方位をとり、関節円板の前方転位が起こりやすく、顎関節症のリスクが高まります。
 (関節円板は顆頭と関節窩の間にサンドイッチされた状態で存在します)

④片側性交差咬合
 偏咀嚼(いつも同じ側で食物を噛むこと)や頬杖のような悪習慣があると、下顎は側方へずれていきます。
 こうなると顔は正面からみて歪んで見えるようになります。また、噛み合わせの高さが左右で極端に変わってきます。
 この場合、歯が噛み合わさった時に、左右の噛む力に不均等が生じますし、顎関節にかかる力にもアンバランスが生じます。このような状態では関節の位置もずれやすく関節円板の転位も起こりやすくなり、
 顎関節症のリスクが高まります。

当院にも顎の異常を訴える患者様が来院されることがありますが、原因をつきとめ適切な治療をしなくてはいけません。
噛み合わせが問題であれば、虫歯なのか被せ物なのか歯並びであるのか、癖なのか見極め上下の噛み合わせが均等に接するようにします。
重い症状の場合、ほうっておくと進行して顎の機能が完全に破壊されてしまうことも稀にあります。
症状があれば、早めの診察をお勧めします。

合わない入れ歯や被せ物でお悩みの方、矯正に興味のある方、歯並びでお悩みの方、他院で時間がかかる、難しいなどとといわれ諦めていた方、お子様の歯並びでお悩みの方など、どうぞお気軽にお問合せください。
当院は大口式(OAM)インプラント法へのご相談ももちろん承っています。インプラントでお悩みの方もお気軽にお問合せください。
当院院長大口弘は、ブラケットやインビザラインもかつて経験し、それらのデメリットをなんとか払拭できないかと開発を重ね、オリジナルの矯正装置を開発しました。
矯正のノウハウを知り尽くし、開発したどこにもない装置です。
効率は他の矯正装置に比べて3倍の効率です。さらには、歯並びも噛み合わせも同時に矯正していくというオリジナル矯正法です。
装着時間も短く無理なく矯正をはじめていただけるとおもいます。

当院は大口式(OAM)インプラント法へのご相談ももちろん承っています。インプラントでお悩みの方もお気軽にお問合せください。

★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。


☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら