インプラントブログ

2018年6月 2日 土曜日

インプラントの手術方法

インプラント治療には1回法と2回法の2種類があります。
この違いは、歯肉を切開する手術を1回行うか、2回行うかという点です。アバットメント(被せ物とインプラントの接続部分)を1次手術で取り付けるものが1回法で、2次手術で取り付けるものが2回法です。
【2回法手術】
手術を2回行います。
まず、歯肉を切開しインプラント体を埋入するスペースをつくり、インプラント体を埋入します。インプラント体は骨の中に完全に埋め込み、その上に歯肉を被せて縫合します。
そしてインプラントと骨がしっかりと結合するまで(生着期間 )待ちます。インプラントが顎の骨と結合したら、被せ物をセットするための2次手術を行います。2次手術では再度歯肉を切開し、インプラント体の頭を出してアバットメントを連結させます。その後型どりをして被せ物を作製し、アバットメントにセットします。このように、インプラント体を歯肉の下に埋め込んだ状態で骨との結合期間を経てから、アバットメントを取り付ける方法が2回法です。
【1回法手術】
手術を1回だけ行います。まず、2回法と同様に歯肉を切開してインプラント体を埋入します。この時、インプラント体はアバットメントと一体化したワンピースタイプのものを使用します。そしてアバットメントは、その一部を歯肉の上に露出させた状態にします。この状態で顎の骨とインプラント体が結合する期間を経て、2回法と比べて早期に被せ物をアバットメントに装着します。

1回法と2回法の特徴、その最大の違いはやはり「手術回数の違い」です。2回法の場合は歯肉を2回切開があります。そのため患者さんへの負担が大きく、手術に必要な合計時間も長くなります。
手術を受けることに抵抗を感じる人は多く、やはり手術回数や必要時間の少ない1回法に魅力を感じる人が多いです。
しかし、1回法はメリットばかりではありません。まず、「適用できないケースがある」ということです。
1回法は顎骨の量が充分でないと適用できないのです。そのため、検査で顎骨の状態が良くないと判断されると、患者さんが1回法での治療を希望しても2回法でないと治療できないと判断されてしまいます。
また、「感染リスクが高い」ということも言えます。問題なのは骨造成を必要とする場合、1回法のほうが感染リスクが高くなってしまうのです。またアバットメントが露出しているため、口腔内と顎骨が交通することで感染リスクが高まります。
他にも「インプラントに負担がかかる可能性がある」ということです。
1回法の場合、アバットメントを取り付けた状態で顎骨に埋め込みます。チタン製のインプラントは骨との親和性が高く、骨が再生するにつれて固定されるのですが、それを経る前の段階からアバットメントが歯肉の外に露出した状態となります。これにより、日々の生活や食事によってアバットメントに力が加わり生着しないことがあります。
また、インプラント体の方向調整ができないため、被せ物が出っ歯になったり、骨の高さや噛み合わせが低い場合には被せ物を装着するスペースがなくなることがあります。

このように2回法において軽減されているデメリットが1回法では高いリスクとなってのしかかってしまいます。手術の回数が少ないというメリットは確かに大きなものですが、様々なリスクを受け入れる必要があるという点は決して無視できるものではありません。
当院でも、1回法についてのご相談にいらっしゃる患者さんはおりますが、検査をして、患者さんご自身の骨の状態を分析した結果、最善の手術方法をご提案させていただいていますので必ずしも患者さんの1回法で行いたいというご希望に添えないこともございます。
まずは、手術方法がどちらにしろ、インプラントをお考えになりましたら、お気軽にご相談にいらっしゃってください。
きちんとご説明させていただき、安心して患者さんが治療を受けていただけるよう最善を尽くさせていただきます。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 最新のCTを導入し、あらゆる角度から診断分析し、最善の治療方法をご提案させていただきます。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31