インプラントブログ

2018年5月16日 水曜日

歯の挺出と圧下

歯がなくなってしまった所や、大きな被せ物やブリッジが外れた状態をそのままにしておくと、当然その部分に大きな隙間が生じてしまいます。
歯は口の中で常に動いていて、噛み合わせる相手や隣の歯がなくなると、その隙間に向かって移動してしまいます。
噛み合わせの相手の歯が無い状態が続くと、上の歯は下へ、下の歯は上へと伸びてきてしまいます。
これを歯の「挺出」と言います。歯が伸びるといっても、歯の長さが変わるわけではなく、歯肉の中からどんどん出てきてしまうので、長期間放置してしまうと歯がグラグラになってしまったり、抜け落ちてしまうことがあります。歯があっても、噛み合わせで削れてしまった場合などにも、その分挺出が起こってしまいます。
歯の挺出が進行するまで放っておくと、歯の無いままだった所にいざ歯を入れようと思った時に、その隙間に入れられない状態になります。
その場合、例え虫歯になっていない歯でも、伸びてしまった反対の歯を削らなければならなくなります。
特に挺出が著しい場合は、神経を抜かなければならない場合もあります。
矯正治療において歯列のバランスを整えるために意図的に挺出を行う場合もあります。

歯の挺出とは逆に、特殊な矯正治療によって、歯を歯槽骨の中に押し込むこと(埋める)を「圧下」と言いますが、本来の歯の仕組みに逆行する作用なので、強い力を長期間かける必要があるため特殊な装置が必要です。

当院でもインプラントの上部構造や矯正治療において咬合調整する際に、挺出している歯のある患者様には時には歯を削らせていただいたり、被せ物を装着させてもらうことがあります。
歯がない状態を放置しておくと、歯がのびてきてしまい、いざ歯を入れようと思った時にはスペースが足りなくこのような処置をしなくてはいけない時もあります。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
矯正治療も看板にしております。大口式ホーム矯正法、どこにもない装置で効率よく歯並びと噛み合わせを同時に治していきます。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/







このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30