インプラントブログ

2018年5月19日 土曜日

歯痛の原因

一言に歯が痛いといっても、その症状は様々です。歯痛の原因として多いのが虫歯や歯周病をはじめとする歯科疾患ですが、歯以外に原因があることもあり、その場合は治療法も大きく異なってくるために注意が必要です。
【歯由来の痛み】
①虫歯(う蝕)
虫歯とは、口の中の細菌が出す酸によって歯が溶かされた状態のことをいいます。「熱い物や冷たい物で歯がしみる」「痛みが持続する」「叩くと響くような鋭い痛み」などの症状が虫歯の特徴です。ミュータンス菌と呼ばれる菌が虫歯の原因菌として知られています。ミュータンス菌は、口の中に残った砂糖をはじめとする糖分を栄養分として歯の表面にくっつき、そこで増殖して歯垢(プラーク)を形成します。また、この細菌は糖分から同時に乳酸を作り出します。プラークの内部は酸性となり、ゆっくりと歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。(脱灰)歯に穴が開いてしまうといわゆる虫歯の状態になります。そのまま放置しておくと、やがて酸に弱い象牙質も壊れていき、歯髄の神経や血液にまで細菌が侵入します。(歯髄炎)こうなると耐え難いほどの痛みが出たり、ひどい場合には歯の根っこが化膿して全身に悪影響が出ることもあります。
②知覚過敏(象牙質知覚過敏)
何らかの原因によってエナメル質が傷ついて象牙質が露出してしまい、外部からの刺激が内側の神経に伝わりやすくなって、痛みを感じる疾患です。「熱い物や冷たい物で歯がしみる」は虫歯と似ていますが、「痛みが一過性である」「叩いても痛まない」という違いがあります。
③破折
転んだりぶつけたりといった外傷、あるいは歯ぎしりなどが原因となって歯が割れると、割れ目から細菌が入り込み痛みや炎症を引き起こすことがあります。「硬いものを噛むと痛みが走る」などの症状が出ます。歯根が割れた場合、抜歯しなくてはならないケースもあります。
④歯周病
歯を支える歯茎や骨などの組織が破壊される炎症性疾患です。原因は主に歯に付着したプラーク中の細菌です。放置しておくと隣接した歯茎に炎症が起き、歯と歯茎の間に数ミリの歯周ポケットができます。歯周ポケットから侵入した歯周病菌が数年単位でゆっくりと歯周組織を破壊していくと最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。喫煙やストレス、糖尿病などの要因も歯周病リスクを高めることが知られています。
⑤親知らず(智歯周囲炎)
親知らずが原因となって周辺の歯茎に細菌性の炎症が起こる病気を智歯周囲炎と呼びます。炎症がひどくなると口が開きにくくなることもあります。
親知らずを抜くというのは気軽な行為ではなく、必ずしも抜いたほうがいいとも限りません。歯科医とよく相談してから決断すべきでしょう。

【歯以外に原因がある(非歯原性歯痛)】

非歯原性歯痛の分類
1. 筋・筋膜性歯痛 あごの筋肉痛に由来する痛みです。あごの筋肉のある一点を強く押すと、歯痛が再現されるのが特徴です。
2. 神経障害性歯痛 神経痛の症状として歯に痛みが出る病気です。瞬間的な激痛を感じる場合と、じりじりとした痛みが24時間続く場合があります。
3. 神経血管性歯痛 片頭痛や群発頭痛の症状の一つに歯痛を生じる場合があります。歯ではなく、頭痛の治療が必要となります。
4. 心臓性歯痛 心筋梗塞などの心疾患に関連した歯痛で、運動により痛みが生じることが報告されています。早急に心臓の専門医に受診することが重要です。
5. 上顎洞性歯痛 上あごの奥の空間に炎症が生じる疾患です。風邪などに伴う、鼻の影響による副鼻腔炎の場合は、耳鼻科での治療が必要になります。
6. 精神疾患による歯痛 身体表現性障害や統合失調症、うつ病などによって歯痛が出現することがあります。精神科の対応が必要となります。
7. 特発性歯痛 どの分類にも当てはまらない、いわば原因不明の歯痛です。時間の経過によって判明する場合もあります。

歯科に訪れる患者さんの約1割を占めるとされます。これらは虫歯や歯周病などとは痛みのメカニズムが異なるため、治療法もそれぞれ大きく異なってきます。抜歯などは全く意味がないので注意が必要です。

当院にも、痛みの原因がわからないので診断をして下さいというような患者様も来院されます。
当院院長大口弘は、様々な角度から診察診断致します。

このような悩みをお持ちの方、どうぞお気軽にご相談ください。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し、インプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。


★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

こちらで医院概要をご覧になれます。
口腔がん検診も行っております。
口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31