インプラントブログ

2018年5月11日 金曜日

根分岐病変とは

奥歯である大臼歯は、噛みしめた時に大きな咬合力がかかるため、それに耐え得るように1本の歯に2本、もしくは3本の根をもっています。
それぞれの機能にあった形態を持ち合わせています。
しかし、歯周炎が進行して歯槽骨が下がってくると、大臼歯は歯根の形態が複雑なために、綺麗にブラッシングすることが難しくなってきます。
上手に清掃が行き届かず、歯石や歯垢が付着したままになってしまうと、次第に歯周病が悪化してしまうのです。
この大臼歯の根の分岐している部分に起こる歯周炎のことを「根分岐部病変」といいます。
根分岐部は解剖学的に複雑な形態であり、患者さんによるプラークコントロールも、歯科医院での歯石除去も大変困難なため、進行度に伴い、その歯の生存率が低下することが報告されており、根分岐部病変の存在は歯周病の管理を著しく困難にすると言えます。
他にも下顎の大臼歯にみられるエナメル突起というエナメル質の特徴的な形態により分岐部の歯肉が厚くなっていることや、神経をとっている歯の分岐部に感染が起こる場合があることが原因になっています。
初期の段階では自覚症状がなく、対策もブラッシングによる清掃が主となります。しだいに進行してくると、歯肉の腫れや出血がみられ、X線写真や歯周ポケット検査において根分岐部病変と診断され、治療が必要となります。
治療法としては、
1.根分岐部の根面の機械的な清掃を行う
2.歯根間の形態修正を行ったり、歯根を2つに分割することにより根分岐部を清掃しやすくする
3.根分岐部病変の大きさによっては、歯周再生療法により、根分岐部の歯槽骨の再生を試みる
などが考えられますが、重度に進行している場合、歯根の一部もしくは全部を抜かなければならない場合もあります。

歯周病や根分岐部病変は、自覚症状がほとんどなく徐々に進行していく病気です。
定期的な検診でご自身の歯肉の状態を検診結果から把握し、歯周病並びに根分岐部病変が起こらないようにブラッシングを欠かさず行い、しっかり予防することが大切です。

歯周病かもしれないという方は、まずは歯科医院で口腔内検査を受けてみましょう。
ご自身の口腔内の健康状態を知ることが大切な歯を守るための第一歩です。

当院でもインプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
またお口の健康のために予防にも力を入れております。
歯でお困りの方、どうぞお気軽にご相談ください。

 名古屋駅前院でも、ご相談承っております。
★大口弘歯科クリニック名古屋駅前院は、不可能症例、超難症例のインプラントオペを行える唯一のクリニックとして開院致しました。
 他院で断られたなどお困りの方、お悩みの方、諦めないでください。
 是非、大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にご相談下さい。

☆名古屋駅前院の看板を一新し、当院が遠くからでも見つけやすくなりました!ご来院お待ちしております。



大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30