インプラントブログ

2018年4月 7日 土曜日

八重歯

犬歯が前に出ている状態のことを八重歯だと思っている人が多いですが、八重歯とは「生えている位置に異常がある歯」のことを指すため、どの歯であっても生えている位置に異常がある場合は八重歯と呼ぶのです。
乳歯が永久歯に変わるときなどに、特定の歯が他の歯に重なるようにしてずれて生えてしまうことがあります。その中でも犬歯が八重歯として生えてしまうことが多いことからそのイメージがついてしまっているのです。特に犬歯は他の歯に比べて永久歯が生え始めるタイミングが遅い為、比較的高い確率で八重歯となってしまうのです。
また、もともと顎の骨が小さい人は歯が生えるスペースが狭い為八重歯になりやすいともいわれます。
犬歯が八重歯になることによるデメリットとして、
1.歯磨きがしづらい:歯並びが悪いということになるため、当然歯磨きはしづらくなります。丁寧にブラッシングしないと、歯周病や口臭などを引き起こしてしまいます。
2.口腔内がけがをしやすい:尖った犬歯が八重歯になっている場合は、生え方によっては歯茎や唇、舌などを傷つけてしまうことがあり、それが口内炎の原因になってしまうこがあります。
3.他の歯に負担をかけてしまう:犬歯には他の歯にかかる負担を軽減させる役割があるのですが、犬歯が八重歯になるとその働きが弱まってしまうため他の歯に負担がかかって知覚過敏を引き起こすことがあります。
4.口腔内を不潔にしてしまう:八重歯があると犬歯が出ている分、口が閉じにくくなって口を開けている時間が長くなります。口腔内の細菌は口を開けている時間が長いほど繁殖しやすくなるため、口の中の健康が損なわれていってしまいます。

海外では八重歯は悪い歯並びと認識されるため、不人気です。
これらのデメリットからも八重歯を放っておくと、最悪どこかの歯を失ってしまうことになるかもしれません。
歯の健康を考えるのであれば、矯正して正常な位置へ戻してあげることをお勧めします。

ご自身の歯でお悩みになる方はたくさんおられます。
当院では、トータル的に患者様に最善のご提案をさせていただいております。

当院院長大口弘は、ブラケットやインビザラインもかつて経験し、それらのデメリットをなんとか払拭できないかと開発を重ね、オリジナルの矯正装置を開発しました。
矯正のノウハウを知り尽くし、開発したどこにもない装置です。
効率は他の矯正装置に比べて3倍の効率です。さらには、歯並びも噛み合わせも同時に矯正していくというオリジナル矯正法です。
装着時間も短く無理なく矯正をはじめていただけるとおもいます。


矯正に興味のある方、歯並びでお悩みの方、他院で時間がかかる、難しいなどとといわれ諦めていた方、お子様の歯並びでお悩みの方など、どうぞお気軽にお問合せください。
ご相談も受け付けております。
当院は大口式(OAM)インプラント法へのご相談ももちろん承っています。インプラントでお悩みの方もお気軽にお問合せください。


大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。


インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31