インプラントブログ

2018年4月10日 火曜日

奥歯のインプラント

奥歯とは、第一大臼歯から第三臼歯までの歯のことで、食べ物を噛む際に重要な役割を果たしています。
特に第一大臼歯は食べ物を噛む際に重要な役割を果たしている歯で噛む力は歯の中で最も大きい他第一大臼歯で噛み合わせの高さが決まります。
そのため、第一大臼歯がないと、しっかり噛めなくなってしまうだけでなく、噛み合わせ全体が崩れてしますのです。
虫歯や歯周病で奥歯を失った場合、奥歯で見えないところだから良いと思うかもしれませんが、奥歯はインプラントの長所が十分に生かされる場所だといえます。
奥歯をインプラントにするメリットとして・・・
1.食べ物を噛む際、前歯や犬歯と違って奥歯には大きな力がかかるため入れ歯があってない場合、強く噛むと歯茎に入れ歯があたって痛みを感じることがあります。
 それに対してインプラントは自分の歯のように噛めるので違和感がありません。
2.歯を失った場合に行われる歯科治療の中で咀嚼力が最も天然歯に近いといわれてるのがインプラントです。
インプラントの素材として使われるチタンは、骨に埋め込むと周囲の組織と結合する性質を持つため時間とともに骨に根づいてしっかり噛めるようになります。
3.奥歯がないとそこから息が漏れるせいで発音がうまくできない場合があります。奥歯にインプラントをいれることによって会話中のストレスが軽減されます。
4.骨は骨代謝により吸収と再生を繰り返し新しい組織へ生まれ変わります。入れ歯やブリッジの場合骨に刺激が伝わらないため骨吸収が進んでしまう一方、奥歯をインプラントにするとしっかり噛めるため刺激が骨に伝わり骨吸収が抑えられます。
5.奥歯がないと、噛み合わせのバランスが崩れます。肩こりや頭痛、顔面のゆがみが生じることがあります。インプラントで噛み合わせを調整することで体全体のバランスが整います。

当院でも、インプラントをいれたことにより、とても元気になった患者様が多くおります。インプラントは体力を向上させることにも繋がります。その中でも、
大口式(OAM)インプラント法なら、骨移植の必要はなく、骨を削りませんおで安心安全で患者様のお身体への負担が少なくすみます。
歯を何かしらの原因で失ってしまい、インプラントをお考えの方や、現在歯に対してお悩みのある方、大口式(OAM)をお知りになり興味のある方、お気軽にお問合せ下さい。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。


新しく開院しております、アクセス良しの名古屋駅前院でもご相談承っております。
お気軽にお問合せください。


名古屋駅前院

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院概要

クリックで医院案内をご覧になれます。

口腔がん検診

クリックでご案内をご覧になれます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30