インプラントブログ

2018年3月20日 火曜日

根管治療が歯の寿命を左右する

歯の神経の治療を根管治療といいます。根管とは歯髄が通っている管で、この歯髄に炎症が起きる「歯髄炎」やさらに進行した「根尖性歯周炎」などでは根管治療が必要となり、適切な処置が行われたかどうかで歯の寿命が大きく変わります。
根管治療は大きく2つにわけられます。

1.抜髄治療:局所麻酔を行い、歯を削って歯髄を露出させ、針状の器具で炎症が起きた歯髄を取り除きます。専用の器具やX線を用いて根管の長さを測定し、薬剤を用いて根管内を丁寧に洗浄したあと、細菌の再感染を防ぐために根管内に薬剤を詰めて密閉します。抜髄後の歯はもろくなっているので、根管に土台を作って補強し、そこに被せ物をします。また、歯髄炎を放置しておくと歯髄が死んでしまう「歯髄壊死」となり、温度刺激による痛みは感じなくなります。外傷により脱臼した歯が歯髄壊死となることもあります。症状として、虫歯があって冷たい物がしみていた歯がしみなくなって、だんだん歯の色が変わってくるなどが考えられます。

2.感染根管治療:根管が広く細菌におかされているときに行う。根管は本来無菌状態ですが、一度根管治療を行っても再び根管が細菌に感染してしまうことがあります。すると、細菌が根尖にまで達して膿がたまり、周囲の組織にまで影響が及びます。これを、「根尖性歯周炎」といいます。レントゲン上、根尖部にレントゲン透過像(正常の歯槽骨では白く見えますが黒く見えるようになります)が認められるようになり、これを根尖病変と呼ばれます。根管が細菌に再感染する原因としては、以前の根管治療で細菌が完全に除去できなかった、根管が密閉できていなかった、歯根が割れていた、などが考えられます。また、歯髄炎が進行して歯髄が壊死し、根尖性歯周炎になることもあります。症状として、初期の段階ではレントゲンの透過像があるだけで痛みはないことが多いのですが、進行するにつれて噛むと痛い、歯肉から膿が出る、時々強い痛みを感じるようになります。
基本的に抜髄治療と同じような手順で行いますが、細菌に感染した根管壁の象牙質を取り除くのが抜髄治療との違いです。根管の先端に膿がたまっている場合は膿が止まるまで消毒を繰り返し、炎症がおさまってから根管内に薬剤を詰めます。根管治療で大切なことは根管内にいる細菌を極力消毒することと、新たに根管内に細菌を侵入させないことです。
しかし、感染根管治療を行っても根尖性歯周炎が改善しない場合や再発した場合は、抜歯、歯根端切除なども検討されます。

根管は非常に細く複雑な形状をしており、治療の際に肉眼で確認することができません。そのため、根管治療は歯科医の高度な技術が必要となります。
根管治療が適切に行われれば、進行した虫歯でも歯を抜かずに残すことが可能なので、歯の寿命を左右するといえるでしょう。
歯が残せる可能性があるとはいえ、根管治療で大きく削り抜髄した歯はもろく、割れやすいので、抜髄せずにすむならそれに越したことはありません。

歯を守るためにも、定期的に歯科医院を受診して、異常を早めにみつけることが大切です。

当院でもインプラントのメンテナンスはもちろん、日々の口腔環境のケアの重要性を患者様にお伝えし、必ず定期的に御来院いただいております。
メンテナンスやクリーニングでは専用のブラシで細かい部分まで磨いていき、歯間ブラシやフロスもかけていきます。
口腔内の問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院概要

クリックで医院案内をご覧になれます。

口腔がん検診

クリックでご案内をご覧になれます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/

日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30