インプラントブログ

2018年3月22日 木曜日

インプラントケア

インプラントの周囲組織は天然歯の歯周組織と違い、セメント質や歯根膜がありません。セメント質がないためコラーゲン線維がインプラント周囲に平行に取り巻いているため歯肉がインプラント体と結合していません。また、歯根膜がないため血管網が少なく免疫力が低く、咬合圧が直接骨に伝達されます。
インプラント周囲組織は細菌に対する防御力が低いことと炎症の進行が早いことから、周囲病変を起こしやすいと言えます。
インプラント周囲に悪影響を及ぼす因子としては、口腔衛生不良、咬合圧の負担、喫煙、糖尿病、セメントの残留、上部構造の適合・形態不良、歯周病の既往歴、フッ素の使用によるチタンの腐食などが考えられます。周囲病変には、インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎があります。違いを以下に説明します。
1.インプラント周囲粘膜炎:炎症が軟組織のみに限定しており、骨吸収はない。歯肉炎と類似しており可逆性の炎症状態であるため非外科的処置で改善が見込めます。
2.インプラント周囲炎:周囲粘膜炎が進行し、骨吸収を伴っている。歯周炎に比べて炎症の進行が急速的であり非外科的処置だけでは改善しない場合があります。

インプラント周囲炎は炎症の進行が早く拡大しやすいため、周囲粘膜炎を理解し早期に発見し周囲炎への進行を食い止め、改善に導くことが非常に重要であるといえます。
このため、患者さんも歯科医院側も二人三脚でメンテナンスを行っていくことが大切です。患者さんが常に高いモチベーションを持続させるためには、歯科医院側が一方通行の指導をしていても長続きしません。患者さんの性格を理解したうえで、インプラント周囲疾患の発生メカニズムや予防に関する知識が伝わるように誠心誠意の心で接することが大切です。

当院でもインプラントをいれた患者様には責任もって定期的に上部が緩んでないか、口腔内は衛生に保たれているかチェックさせていただいています。
メンテナンスまで、しっかり行っていき患者様自身と長いお付き合いをしていくことが当院院長大口弘のポリシーです。

他院で行ったインプラントの調子が悪くお困りの方、インプラントをしたいが不安、できないと言われたなどご相談のある方、どうぞお気軽にお問合せ下さい。
名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。



インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら