インプラントブログ

2018年3月13日 火曜日

切端咬合とは

一見正しく見える噛み合わせでも、それが実は切端咬合などの不正咬合である可能性があります。世間的には認知度が低い「切端咬合」ですが、実は食べ物が噛み切れなかったり、顎関節症の原因になるなどトラブルが発生することがあるのです。

「切端咬合」とは、上下の前歯がピッタリ合わさって前後していない噛み合わせです。
一見受け口(反対咬合)に見えても、実は噛み合わせの状態をみると切端咬合であることもあります。正常の噛み合わせに比べて切端咬合は下の顎が突出している状態になりため受け口気味だと感じるのです。

原因としては、以下のようなものがあげられます。
1.成長の過程で異常が発生:顎の骨の成長に異常が発生する発達異常のケースが考えられます。
2.舌の癖:前歯を舌で押したり、裏側をなめるなどの癖がある人は、それが原因で歯並びが変化してしまっている可能性があります。舌の力は些細に感じられても、実際は歯を動かすほどの強い力を歯に与えています。
3.外傷による場合:稀ではありますが、事故やケガなどで顎周りの骨に何かしら影響があった場合、噛み合わせが悪くなり切端咬合になることもあります。

また、切端咬合のリスク、デメリットとして以下のようなことがあります。
1.上下の歯が摩耗する:上下の歯が摩擦して削れてしまうことがあります。特に上の歯の圧力を下の歯が受ける状態になるので、あまりに摩擦する力が強いと虫歯でもないのに下の歯に痛みが発生することもあります。
2.上下の歯がぶつかる:正常な噛み合わせでは上下の奥歯くらいしかかち合わないものですが、上下の前歯もカチカチぶつかり、ひどい人では口の開閉の度に音がでるほどになり、気になることもあります。
3.虫歯になりやすい:上下の歯が摩耗するので、エナメル質がはがれやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。
4.咀嚼がスムーズにできない:硬いものをかみ砕く力が弱かったり、物を上手に噛めなかったりすることがあります。
5.顎の関節などに負担がかかる:認知度が低い為放置する人が少なくありません。すると、顎に負担がかかって顎関節症を引き起こす可能性もあります。
6.見た目にも影響:顔や口元の歪みの原因になることもあります。また、姿勢が悪いことも関係することがあります。

治療方法としては歯列矯正をしますが、治療内容は個人差があります。骨格性であれば、一部の顎の骨を削るという外科処置を要することもあります。
あまり、認識されておらず、問題意識がもたれにくい噛み合わせの状態ではありますが、不安があれば、早めに歯科医院で相談すれば、良い対処法がみつかるかもしれません。

当院も様々な噛み合わせや歯並びでお悩みの方が、多く来院されます。
当院では矯正でお悩みの方に綿密な診断と分析をし、最善の方法をご提案させていただくようにしています。

当院院長大口弘は、ブラケットやインビザラインもかつて経験し、それらのデメリットをなんとか払拭できないかと開発を重ね、オリジナルの矯正装置を開発しました。
矯正のノウハウを知り尽くし、開発したどこにもない装置です。
効率は他の矯正装置に比べて3倍の効率です。さらには、歯並びも噛み合わせも同時に矯正していくというオリジナル矯正法です。
装着時間も短く無理なく矯正をはじめていただけるとおもいます。


矯正に興味のある方、歯並びでお悩みの方、他院で時間がかかる、難しいなどとといわれ諦めていた方、お子様の歯並びでお悩みの方など、どうぞお気軽にお問合せください。
ご相談も受け付けております。
当院は大口式(OAM)インプラント法へのご相談ももちろん承っています。インプラントでお悩みの方もお気軽にお問合せください。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。


インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/







このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31