インプラントブログ

2018年3月14日 水曜日

大人乳歯

大人になっても乳歯のまま、永久歯に生え変わらない歯のことを大人乳歯と呼んでいます。
歯の生え変わりというと、多くの方は小学校の低学年くらいから乳歯が抜けて永久歯が生えてくるという経験をされていると思いますが、その子供の時期に乳歯から永久歯に生え変わらず大人になっても乳歯が残っている状態のことをいいます。その原因のほとんどが永久歯の先天的欠如です。
永久歯の先天的欠如は10人に1人と言われています。近年の食生活の変化などによって顎が小さくなってきていることが先天的欠如歯のある方が増えてきている要因の1つとも考えられています。
生まれつき永久歯がないので、生え変わりで起こる乳歯のぐらつきなどが発生せずに大人になっても乳歯がそのまま残るのです。
永久歯は全部で親知らずをにいて28本ありますので、すべてが欠如ではなく数本が欠如している場合が多いようです。特に小臼歯(前から4番目の左右の歯)が欠如している人が多い傾向にあります。
そのため、気づいていない方もいます。また、稀に欠如はしていない人でも永久歯が斜めに生えているために乳歯がぐらつかず大人乳歯になっている人もいます。
大人乳歯は病気ではありませんが、乳歯が抜けてしまうと次の歯は生えてきませんので抜けないように虫歯や歯周病などの歯の病気や乳歯そのもののぐらつきに気をつけなければいけません。
そのためには、毎日の歯磨きや定期的なクリーニングなどケアが重要になってきます。歯がダメになるまで持たせれるだけ持たせるほうが良いです。
大人乳歯は歯科医院でレントゲンを撮ることでわかることが多いです。
乳歯の根っこ(歯根)は永久歯に比べて短いです。また、乳歯のほうが永久歯よりも若干小さいので見た目でわかる場合もありますが、レントゲンが確実です。
なお、永久歯に生え変わっていても歯の根元にザラザラしたものが残っているという人は乳歯の欠片が残っているという場合もあります。この乳歯の欠片を放置していると歯茎の炎症につながるかもしれないので取っておいたほうが良いと思います。

仮に大人乳歯を抜歯することになったり、何かの拍子で抜けてしまった場合にはすきっ歯となり歯並びが悪くなってしまうこともあります。虫歯でなくてもぐらついてきた時点でその後どうするか早めの対応をしたほうが良いでしょう。
その際の治療方法の選択肢としては、インプラント、ブリッジ、入れ歯、差し歯があげられます。

当院では、このような相談にものらせていただき、患者様に最善の方法をご提案させていただきます。
歯の事、口腔内のこと、お困りやお悩みになられている方、どうぞお気軽にご相談下さい。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。



インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら