インプラントブログ

2018年2月 5日 月曜日

TEK(仮歯)の必要性

インプラント経験者のお悩みの中で意外と多いのが、インプラント体埋入後、しばらくの間「歯抜け状態になるのが恥ずかしかった!」というご相談です。
最近は見た目を重視される方も多い為、インプラント手術直後も歯があるようにしてほしいというご要望を多く受け、当院ではそれにお答えしています。
TEK(仮歯)は暫間補綴物とも言います。最終補綴物を合着するまでの間、審美問題を解決するために、また咬合の安定化をはかるために用いられます。
大口式(OAM)インプラントなら、接着レジンで左右の歯に仮止めをする人工歯を用いたものや、骨の無い方でもできる入れ歯式のものや、暫間インプラント(暫間的に併用される径の細いインプラントで、本来のインプラントに上部構造が装着されるまでの生着期間に過重負担の防止や保護、暫間的な形態回復の目的で用いられるもの)を装着し、審美の確保をして歯のキャップを装着するものなど、どんな状態の方でも手術当日から、歯があるように見せることができます。 
インプラントに対する不安や疑問など気になることは十分にご相談いただき、患者様自身がクリアな気持ちでインプラント手術に望むことが大切です。
お悩みには最善の方法でお答えできるようにさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

当院の院長大口弘は、インプラントのノウハウを知り尽くし、独自に骨を削らない安心安全で事故のない大口式(OAM)インプラント法の開発者です。
骨を削らない、骨にダメージを与えない、骨の性質を生かした大口式(OAM)インプラント法では、この生着率にも非常にメリットのある術式です。
極細の鍼灸に使用されるような独自開発の器具と手作業により骨にピンホールをあけ内側から微細に骨を骨折させながら押しひろげていきインプラント体を埋入するので、骨がもとに戻ろうとする性質で、より強固な初期固定が得られます。生着率はほぼ99%以上です。ドリル式と比べ、何よりも安心、安全で事故もありません。

大口式(OAM)インプラント法により、入れ歯しか方法がなく食べることに苦痛を感じていた方々が笑顔になり、世界トップクラスのインプラント医でも手におえず、見放されてしまった患者様にでも歯のある喜びを感じていただけることこそが歯科医冥利につきると当院院長大口弘は日々おっしゃっています。

インプラントについて詳しく知りたい、お悩みの方、興味のある方、どんな疑問や質問でも結構です。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。


名古屋駅前院は、大きな看板が目印です。
大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/








このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30