インプラントブログ

2018年2月26日 月曜日

骨格性の不正咬合

顎の発育異常で、顔面形態の異常や機能障害を伴うものを顎変形症と言います。生まれつき(先天性)のものと、生後に生じたもの(後天性)とがあります。主なものは、
1.上顎後退症:上顎の骨の成長が悪い為に、上顎が陥没したようにみえます。唇顎口蓋裂の術後やダウン症候群で多くみられます。下顎の歯列が上顎の歯列に対して前方で噛みあっているのが特徴です。
2.下顎後退症:下顎の骨の成長が悪く、鳥の横顔のようにみえます。(鳥貌)顎の関節が外傷や感染などにより傷害された場合によく生じます。
3.上顎前突症:上顎の骨が異常に発達したため、咬合時に上顎の前歯が下顎の前歯より異常に前の方にあります。これには、単に歯のみが突出している歯性のものと、上顎の骨自体が前突している骨格性のものとあります。歯性のものでは、口を閉じても前歯が口から出ていることが多く、乳幼児期の指しゃぶりや口呼吸などの悪習慣によって生じることが多いと言われています。骨格性のものでは顔の中央部が突出してみえます。
4.下顎前突症:下顎の骨が異常に発達したため、咬合時に下顎の前歯が上顎の前歯より前方にあります。反対咬合、俗に「受け口」ともいいます。顔の中央部がやや陥没し、顔の下半分が長く、横から見ると皿、あるいは三日月様にみえます。この異常は日本人に特に多くみられます。上顎前突症と同様に歯性と骨格性のものとに分けられます。

以上の他に、咬合時に上下の前歯に隙間を認める開咬症や下顎骨が左右非対称で、このため顔も非対称となる下顎非対称などの異常があります。
開咬症では、口を閉鎖できないため口呼吸となり、口腔乾燥症の原因となったり咀嚼や発音に障害をもたらします。
これらは、組み合わさって生じることもあります。

骨格性の不正咬合は、歯並びを矯正しただけでは十分な結果は得られず、外科的に矯正する額矯正手術が必要な場合もあります。顎変形症の治療には外科的手術のみならず、その前後に矯正治療による歯の移動が必要となる場合もあります。
当院でも骨格性の不正咬合により他院ではできないと言われたなどと相談に来られる方が多くおられます。
検査、分析、診断し、最善の治療方法や可能性をご提案させていただいておりますが、外科的な処置が将来的に必要であることをお伝えさせていただく場合もございます。

当院院長大口弘は、ブラケットやインビザラインもかつて経験し、それらのデメリットをなんとか払拭できないかと開発を重ね、オリジナルの矯正装置を開発しました。
矯正のノウハウを知り尽くし、開発したどこにもない装置です。
効率は他の矯正装置に比べて3倍の効率です。さらには、歯並びも噛み合わせも同時に矯正していくというオリジナル矯正法です。
装着時間も短く無理なく矯正をはじめていただけるとおもいます。
矯正を知り尽くしているからこそ、様々な視点から分析し、骨格性と診断をされた方にでも出来る限り可能性を見出し、最善のご提案をさせていいただきます。

矯正に興味のある方、歯並びでお悩みの方、他院で時間がかかる、難しいなどとといわれ諦めていた方、お子様の歯並びでお悩みの方など、どうぞお気軽にお問合せください。
ご相談も受け付けております。
当院は大口式(OAM)インプラント法へのご相談ももちろん承っています。インプラントでお悩みの方もお気軽にお問合せください。


大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。


インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら