インプラントブログ

2018年2月 3日 土曜日

歯を抜けたままにしておくと

歯を抜けたまま放置しておくとお口の中には様々な影響が出てきます。
奥歯の下の歯が1本抜けた場合、まずこれまでその歯と噛みあっていた上の歯が下に伸びてきます。また、両隣の歯が抜けた歯の方向に倒れてきて、そこにプラークがたまりやすくなってしまいます。
結果として虫歯や歯周病などが誘発されることがあります。歯はかなり緻密に全体のバランスの中で成り立っているものなので、例え1本の欠損の場合でもそのままにしておくことはお勧めできません。
具体的に以下のような影響が出るおそれがあります。
*抜けた歯と噛みあっていた歯が伸びて出てきます。
*抜けた歯に上下的に対合する歯は、噛み合わせの相手が無くなるので徐々に伸びてしまいます。
*抜けた歯の両隣の歯は支えがない為、歯が抜けた方向に傾いてしまいます。長い時間抜けたままにしていると、さらに隣の歯も同じように傾いてきます。
*噛み合わせが狂い、正しい噛み合わせが失われます。失った本数が多い場合には噛みやすいほうの歯でばかり噛むので噛み合わせのバランスが崩れていきます。また、噛み合わせのずれは顎関節症の原因になり、肩こり、顎の関節の痛み、関節音といった症状になる可能性も出てきます。
*歯の間の隙間が広がり、食べ物が歯の隙間に詰まったりするので歯が汚れやすく、プラークがたまり虫歯や歯周病ができやすい口内環境になります。
*歯が抜けて時間が経つと歯肉が痩せるのでさらに頬がこけて見えたり顎がたるんで見えたりします。
*歯が抜け食べ物をちゃんと噛めないことで消化器官に(胃や腸)負担がかかります。さらに唾液の分泌が不足するようになり、消化不良を起こしがちになってしまいます。
*歯が抜けた部分から息が漏れ上手に発音できなくなります。


当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。



インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら