インプラントブログ

2018年1月29日 月曜日

上顎洞炎

上顎洞炎は鼻の横にある上顎洞というところに生じる炎症です。鼻と上顎洞は繋がっており鼻の炎症が原因で上顎洞炎を起こすものと歯が原因で上顎洞炎を起こすものとあります。
上顎洞とは全部で4つある副鼻腔の1つで、鼻腔の隣、上顎骨の上方、眼窩の下方にある骨の空洞で副鼻腔のうち最も大きい副鼻腔です。
歯が原因で炎症を起こすものを歯性上顎洞炎といいます。
上顎の小臼歯あるいは大臼歯の虫歯による根尖病巣や、歯周病から波及するもので、上顎洞底と根尖がきわめて近接しているため炎症の波及が起こりやすくなります。
虫歯が進行していくと歯の神経が腐ってきます。そして、歯根の先に膿をためるようになります。
歯周病の場合は歯周ポケットという歯と歯茎の隙間の部分から歯周病菌が入り込み徐々に歯槽骨という歯を支えている骨を溶かし膿をためるようになります。
上顎の奥歯の場合は、その上方に上顎洞があるので元々骨が薄いです。虫歯や歯周病によって膿が溜まってくるとその分骨の厚みがさらに薄くなります。
その結果、炎症が上顎洞に達して上顎洞炎を起こすようになります。
症状としては、原因となる歯で噛むと痛みを感じたり、歯が浮いたような感じがしたりすることもあります。歯茎が腫れて触ると痛くなることもあります。
治療としては原因となる歯の治療を行いますが、改善できない場合は抜歯に至ることもあります。
上顎洞内に歯根や歯、インプラントが入り込んだことが原因の場合は、これらの異物を取り除く治療が必要になります。

インプラント治療においても、上顎洞内にインプラントが突き抜けてしまったり、落ちてしまったりすると、上顎洞炎を起こします。
またインプラント治療時に上顎洞粘膜を傷つけてしまうだけでも、その傷から上顎洞炎を引き起こすこともあります。

当院で行うインプラント治療では、上顎の骨が薄いかたでもサイナスリフトなどの外科手術を行うことなく、独自の術式で上顎洞のシュナイダー膜をラクダのこぶのように骨をつくりながら少しずつ拳上させ、インプラント体を埋入するので上顎洞を突き抜けたり、ロスト率もきわめて低い術式です。


当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31