インプラントブログ

2018年1月 6日 土曜日

天然歯とインプラント

部分的に歯を失った場合の治療として、ブリッジか入れ歯かインプラントの選択肢がありますが、例えばインプラント治療を選択する際に天然歯とインプラントを支えにしてブリッジ治療をすることは可能なのでしょうか?という質問がありました。
不可能ではありませんが、天然歯とインプラントでは見た目が同じように見えても歯根に大きな違いがあることから注意が必要です。
天然歯には噛み合わせの力を逃がす役目をする歯根膜があります。歯根膜があることで歯を噛み合わせる際に歯が上下左右にほんの少し動きます。これにより噛む力の衝撃を分散させ、直接歯の周りの骨に伝わるのを防ぎます。
一方、インプラントには歯根膜がありません。よって、インプラントが天然歯のように動かないので、歯冠部(人工の歯の部分)で噛む力の衝撃を吸収させなければなりません。
したがって、天然歯とインプラント、それぞれ異なった噛み合わせの調整を行い負担がかからないようにする必要があります。
天然歯とインプラントをブリッジで連結させることができた場合はインプラントの埋め入れる本数が少なくて済み費用の負担が抑えられることや外科手術の範囲が小さくて済むなどのメリットもありますが、噛み合わせに問題が起こった場合にはインプラントに装着した人工の歯が外れたり、インプラントに大きな力がかかりすぎ抜け落ちる恐れもあります。
天然歯のほうも歯根膜が力を逃がす役目をしなくなることで委縮し、歯が折れたり割れたりすることも考えられます。
このように双方にトラブルが起こる可能性が高いことから定期的な噛み合わせやメンテナンスのチェックの必要回数が増えるのも必然です。
よって天然歯同士、インプラント同士のブリッジが行われることが多くトラブルが起こる可能性も低くなります。

どのような治療が適しているかはお口の状態や患者様の価値観や歯科医師の見解によっても様々です。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら