インプラントブログ

2017年12月20日 水曜日

入れ歯、ブリッジ、インプラントの違い

歯を失いお悩みの方への治療法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントの選択肢がありますが本日はそれぞれのメリットデメリットについてお話しします。
当院に来院される患者様の中には、この選択肢でお悩みで相談に来られる方もいらっしゃいます。

1.他の歯への負担
 入れ歯:バネを掛けた歯が数年でぐらつき始め、抜歯をすることにもなる。
 ブリッジ:両隣の歯を削らなくてはならず悪化させる可能性が高い。
 インプラント:他の健康な歯を傷つける必要がなく負担もかからない。
2.見た目の違和感
 入れ歯:バネが見えるとすぐ入れ歯だとわかってしまう。口を開けると上の入れ歯が落ちることもある。
 ブリッジ:見た目の違和感は少ない。セラミックを使用すればさらに綺麗な仕上がりになるがインプラントと同じでセラミックは保険外になる。
 インプラント:天然の歯とほぼ変わらない。最終的に被せる人工歯にジルコニアやセラミックを使用するととても自然で綺麗な仕上がりになる。
3.噛む力
 入れ歯:部分入れ歯なら天然歯の30~40%、総入れ歯なら10~20%の力でしか噛めない。
 ブリッジ:天然歯の60%程度。(ただしブリッジをかける歯の状態による)
 インプラント:天然歯の3倍の力で噛めてしまう。唯一の欠点は少し感覚が鈍いので噛みすぎてしまうこと。
4.噛み心地
 入れ歯:噛む力が非常に低いため食べ物は事前に小さく切っておかなくてはならない。また、ガムやお餅などのくっつきやすい物は非常に食べにくい。噛み合わせるときに痛みがある場合がある。
 ブリッジ:支えになる歯に問題がなく適切に作製されていれば噛み心地は天然歯とそれほど変わらない。
 インプラント:ほぼ天然歯と同じ噛み心地
5.味覚
 入れ歯:熱を感じにくいため味を感じにくい。総入れ歯などでは全体が歯茎で覆われているため、さらに味が感じにくい。
 ブリッジ:特に天然の歯と変わらない。
 インプラント:特に天然の歯と変わらない。
6.顎の骨の吸収
 入れ歯:歯を失った部分は骨に刺激がないため骨吸収が始まり顎の骨が痩せていく。
 ブリッジ:歯を失った部分は(ポンテック部分)は入れ歯と同様骨吸収が始まり痩せていく。
 インプラント:骨吸収を防ぐ。顎の骨が痩せていかない。
7.治療期間
 入れ歯:単純なものなら短期間で済む。
 ブリッジ:単純なものなら短期間で済む。
 インプラント:単純なブリッジや入れ歯よりは治療期間がかかりますが治療の回数はそれほど変わらない。
8.治療後の問題点
 入れ歯:歯茎は柔らかく変化しやすいため、時間が経つと合わなくなることがある。その都度調整が必要となる。
 ブリッジ:歯茎の状態によっては作り直しになる場合がある。隣の歯を削らなくてはならず、削った歯が虫歯になってしまうと全てやり直さなくてはならない。
 インプラント:一度インプラントと顎の骨が結合すると非常に安定性が良く、メンテナンスをきちんと行い歯周病やインプラント周囲炎に気をつければとても長持ちする。
9.耐用年数
 入れ歯:平均5年程度といわれる。歯茎が痩せて合わなくなっていくことが多い。
 ブリッジ:平均8年と言われる。ただし、顎の骨の痩せ方により変わる。
 インプラント:メンテナンスを怠らなければ約30年ももたせることも可能。歯周病やインプラント周囲炎に気をつける必要がある。
10.費用
 入れ歯:保険適用のものも自費のものもある。
 ブリッジ:保険適用範囲であれば比較的安価。しかし、審美的にセラミックなどにすると保険適用外になる。
 インプラント:保険適用外であるため、入れ歯やブリッジと比較すると高価ではある。

当院は大口式(OAM)インプラント法開発者大口弘が唯一執刀する歯科クリニックでありますが、患者様のお口の状態を分析し常にインプラントだけではなく、義歯やブリッジの相談においても最善のご提案をさせていただきたいと思っています。
また、インプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
歯でお困りの方、どういう方法の治療にすべきか迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31