インプラントブログ

2017年12月16日 土曜日

仮歯が必要な理由と重要な役割

仮歯は治療中の応急的に作られた歯ですので、本来の正規の被せ物とは性質が異なります。
仮歯は即時重合型アクリル系レジンという樹脂を使って作ります。セラミックや金属の様な強度のあるものではないので、硬いものを食べたりすると破折する可能性があります。
また、仮歯をつけるセメントはあまり接着力が強いものは使用しません。そのせいでガムやキャラメル等粘着力の強い食べ物などは仮歯がはずれやすくなるので注意が必要です。
仮歯は本来の被せ物に比べるとあまりにも短所が多い補綴物といえますが、非常に重要な役割を果たしてくれています。
1.口腔内で起こる変化を防止
 虫歯治療で多くの歯質を失うと何もないスペースが生まれます。口腔内では、そのスペースを埋めるように歯が移動したり歯茎が覆いかぶさったりしてきます。そうなると最終的に入れる予定だった被せ物が入らなくなってしまいます。仮歯はそうした変化を抑止する働きがあります。
2.審美面の回復
 歯が一本抜けているだけでも審美性は著しく低下するものです。仮歯を装着することで治療期間中も気にせず笑顔になることができます。
3.歯が担っている機能を回復
 歯はものを噛む際に必須の組織です。ですので、仮歯があることで治療前と同じように食事をすることも可能です。その他歯は言葉をしゃべる際にも大きな役割を果たしています。仮歯は構音機能も回復してくれるのです。
4.外部の刺激から歯を守る
 治療途中の歯はむき出しの状態です。温熱刺激や歯ブラシの機械的刺激も直接受けてしまいます。そして何より口腔内の細菌に晒されている状態といえます。仮歯を付けることでこうした外部の刺激から治療途中の歯を守ることができます。

当院でもインプラントの手術後に仮歯を希望される患者様もいます。
手術当日に仮歯を装着することは可能ですが、理想を言うなら抜糸する2週間後位のタイミングでの装着がベストです。
これは、インプラントを埋入した箇所に過度な刺激を加えないようにするためです。
また、奥歯は目立たない上に噛む力が強いので仮歯をおすすめできないこともあります。
手術直後に仮歯を入れることはデメリットもあるため、必ず歯科医師と相談しながら決めるのが良いでしょう。

当院の院長大口弘は、インプラントのノウハウを知り尽くし、独自に骨を削らない安心安全で事故のない大口式(OAM)インプラント法の開発者です。
骨を削らない、骨にダメージを与えない、骨の性質を生かした大口式(OAM)インプラント法では、この生着率にも非常にメリットのある術式です。
極細の鍼灸に使用されるような独自開発の器具と手作業により骨にピンホールをあけ内側から微細に骨を骨折させながら押しひろげていきインプラント体を埋入するので、骨がもとに戻ろうとする性質で、より強固な初期固定が得られます。生着率はほぼ99%以上です。ドリル式と比べ、何よりも安心、安全で事故もありません。

インプラントについて詳しく知りたい、お悩みの方、興味のある方、どんな疑問や質問でも結構です。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。


名古屋駅前院は、大きな看板が目印です。
大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31