インプラントブログ

2017年12月 6日 水曜日

生着率

インプラントの成功率(骨とインプラント体が結合する生着率)はインプラント治療を行う医院やレベルや部位によって異なりますが、条件の揃った医院で治療を行った場合は、およそ97.2%です。
インプラントは医師の技術、経験、知識、検査内容、設備などにより生着率も大きく変わります。
上顎は下顎よりも骨密度が薄く、上顎洞や鼻腔や切歯孔があり、埋入位置やインプラントの長さが制限されたり、大臼歯においては骨が柔らかいケースも多い為、上顎や大臼歯などの生着率は若干下がり96.3%です。
下顎の生着率は若干高く98.4%です。
インプラント体が生着しない原因としては、患者様の骨の状態や身体に疾患がある場合、ケアを怠ったなど患者様側の理由によるものと、未熟な医師による診断、手術の際のミスや衛生状態など医院側に原因があるものとがあります。
患者様側の原因については患者様ご自身も定期検診に行くなどインプラントを入れた後も口腔内ケアは特に重要になってきます。
医院側がミスした際はより深刻になる場合があるため、事前の医院選びが大変重要なものになってきます。
医院選びで最も重要なのは、経験豊富な医師の技術やスタッフと手術を安全に行うためのしっかりした医院設備や衛生管理です。
インプラントは信頼度の高い医院できちんとした治療を受ければ何十年も使用できる実績のあるものであります。

当院の院長大口弘は、インプラントのノウハウを知り尽くし、独自に骨を削らない安心安全で事故のない大口式(OAM)インプラント法の開発者です。

骨を削らない、骨にダメージを与えない、骨の性質を生かした大口式(OAM)インプラント法では、この生着率にも非常にメリットのある術式です。
極細の鍼灸に使用されるような独自開発の器具と手作業により骨にピンホールをあけ内側から微細に骨を骨折させながら押しひろげていきインプラント体を埋入するので、骨がもとに戻ろうとする性質で、より強固な初期固定が得られます。生着率はほぼ99%以上です。ドリル式と比べ、何よりも安心、安全で事故もありません。

インプラントについて詳しく知りたい、お悩みの方、興味のある方、どんな疑問や質問でも結構です。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。


名古屋駅前院は、大きな看板が目印です。
大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30