インプラントブログ

2017年12月 4日 月曜日

歯痛と頭痛の併発

歯痛と頭痛は深い関係があることについてお話しします。
歯痛が先行した場合は虫歯や歯周病、知覚過敏や噛み合わせ、頭痛が先行した場合は群発頭痛が関係している可能性があります。

歯痛と頭痛が併発する原因は主に虫歯、歯周病、ストレス、飲酒、生活習慣などが考えられます。
近年特に多いのがストレスによるものです。ストレスを感じると副交感神経が活性化し筋肉が硬く血流が悪くなります。唾液の量も減ってしまうため、口腔環境も悪化するでしょう。
ストレスは虫歯や歯周病にも深く関係しています。
考えられる病気としては、「副鼻腔炎」です。鼻の奥にある副鼻腔が炎症を起こすものですがおでこや頬などの様々な場所につながっている空洞で膿がたまり痛みを伴います。歯痛としては頬が痛くなり上顎の奥歯に激痛を感じたりします。頭痛としては目の奥が痛くなり重くズキズキした痛みが特徴です。
また「歯性上顎洞炎」も考えられます。虫歯により根の先への感染が上顎洞まで進み炎症を起こすのです。上顎洞炎により頭痛を併発することがあります。
また、噛み合わせにも注意が必要です。顎の筋肉の緊張や血行障害で起こります。ほんの少しずれただけでも体調不良が起こり姿勢、身体のバランスが崩れてしまいます。歯ぎしりも発生しやすく自分の歯を失うおそれがあるのです。
歯痛、頭痛が同時に出てきた場合は放置してはいけません。
早めの受診と、定期検診を受けることで予防していくことが大切です。

当院でもインプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
またお口の健康のために予防にも力を入れております。高周波による歯周病治療も行っております。
歯でお困りの方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。



インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら