インプラントブログ

2017年11月27日 月曜日

味覚障害

味覚障害は舌についている味蕾の味細胞が正常に機能せず、正しい味が感じられない障害です。症状として5つの種類にわけることができます。
1.味覚減退:味が薄く感じられる
2.味覚消失:味が全くわからなくなる
3.異味章:本来の味とは違う嫌な味がする
4.解離性味覚障害:甘味だけが感じられない
5.自発性以上味覚:何も食べてないのに口の中で苦い味がする
味覚障害は年齢、性別、生活習慣、病気、ストレスの影響を受けやすいと言われています。
今や年々患者数は増加しており現代病ともいえます。
原因としてよく見られるのは亜鉛不足と薬剤性です。体内の亜鉛が不足すると味細胞の再生がおいつかずに味覚障害が起き、また病気の治療のため服用している薬が原因になる可能性もあります。
しかし全身の病気や口腔内の病気が味覚障害に関係している可能性もあるのです。
口腔内においてお話しすると、舌に痛みを感じる舌痛症や虫歯や歯周病や口腔乾燥などの疾患です。虫歯や歯周病になると口腔環境が悪くなり下に苔が生えてきます。味蕾は舌にあるため苔が生えてしまうと味を感じなくなるのです。歯科疾患が原因の味覚障害の場合、口腔環境の改善が重要となります。
ブラッシングや歯科医院での定期検診で常に口の中を清潔に保つことが大切です。
口腔環境を整えることにより味蕾細胞を保護する役割をもつ唾液の分泌を増やすことができます。

当院でもインプラントのメンテナンスはもちろん、日々の口腔環境のケアの重要性を患者様にお伝えし、必ず定期的に御来院いただいております。
メンテナンスやクリーニングでは専用のブラシで細かい部分まで磨いていき、歯間ブラシやフロスもかけていきます。
口腔内の問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院概要

クリックで医院案内をご覧になれます。

口腔がん検診

クリックでご案内をご覧になれます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/

日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら