インプラントブログ

2017年11月18日 土曜日

歯と体の関係

歯はただ単に食べ物を噛むためのものではなく、私たちの健康的な体を維持する上で非常に重要な役割を果たしているのです。
「全ての健康は歯から」という言葉があるように歯に不調が起こると体のあちこちに影響を及ぼすことになる例を紹介したいと思います。
1.歯周病と糖尿病の関係
 歯周病は今や「国民病」と呼ばれており、成人だけでなく若年者にも多くみられるようになってきました。
 歯周病の症状としては歯茎の赤みや腫れ、出血等ですが悪化すると歯と歯茎の境目がどんどん深くなっていきます。
 実は歯周病は糖尿病と深い関係にあるといわれており糖尿病の合併症の一つとして歯周病があることは割とよく知られています。
 最近になって歯周病が糖尿病の症状を悪化させるということも分かってきています。お互いに悪影響を及ぼしあっているということです。
2.歯周病は脳梗塞を起こしやすい
 歯周病は原因菌の刺激によって血管内にプラークができ血液の通り道が狭くなります。
 その結果、血管のつまりが起こり動脈硬化や脳梗塞といった疾患が起こりやすくなると考えられています。
 特に普段から血圧やコレステロールが高めの人は歯周病にならないように十分気をつけなければなりません。
3.噛み合わせのズレが骨格の歪みに
 1本の歯が欠損すると、その周囲の歯にかかる負担が大きくなり噛み合わせにズレが生じます。
 このズレが体全体のバランスを崩し骨格の歪みにつながり頭痛や肩こりといった症状を引き起こす原因になります。

このように歯の不調は私たちの健康に様々な悪影響を及ぼすことになります。
歯の役割と意味をよく理解し健康な体つくりのためにも歯を大切にしましょう。

当院でもインプラントの治療を行うだけでなく、歯周病などでインプラントがぐらついたり、噛み合わせが合わなくなったりした方へのリカバリーセンターも設けています。
またお口の健康のために予防にも力を入れております。
歯でお困りの方、どうぞお気軽にご相談ください。

名古屋駅前院でも、ご相談承っております。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。



インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら