インプラントブログ

2017年11月 6日 月曜日

大口式ホーム矯正法

本日は、当院院長である大口弘が独自に開発したオリジナルの大口式ホーム矯正法と他の矯正装置(ブラケット矯正とインビザライン)との比較についてお話しいたします。

まず、他院で行われている一般的な矯正装置の特徴としてお話しすると、
1.ブラケット矯正:装着時間は24時間。外から見えてしまう。歯医者の技術により動きすぎたり、動かないこともある。歯につけているブラケットやワイヤーの調整で2週間に1度通院の必要がある。
 また、ブラケットやワイヤーが取れることがあり、口腔内を傷つけることもある。自分では取り外しができない。3~5年と年数がかかり、後戻りしやすい。
2.インビザライン:装着時間は20時間。ほぼ、食事の時以外は装着する必要がある。ブラケットのように人からは矯正装置を着けているのはわかりにくい。固いプラスチックのため、装着した後2~3日は痛みや違和感がある。歯ぐきを傷つけることもある。通院は2週間に1度。装着着けない期間があると、はまらなくなり途中でやり直しすることがあるので、その分期間も延びる。やり直しになると、費用もその分かかる。
等があげられます。
では、大口式のオリジナル矯正装置はといいますと、装着時間は12~14時間、基本夜寝ているときにだけで良いです。家にいるときだけでいいので、他人には矯正していることがわかりません。柔らかい素材でできているので歯や歯ぐきを傷つけません。精密に歯の全体に緩やかな力をかけることができるので通院回数も1カ月1度と少なくてすみますし、治療時間も期間も短く矯正治療を行うことができます。
また、1と2は歯並びと噛み合わせは別々に矯正していきますが、大口式ですと歯並びも噛み合わせも一緒になおしていきます。
保定期間もほとんど必要なく、保定もしながら矯正していくという1と2と比較すると、効率は約3倍です。
症例も多数ございます。当院院長大口弘は、ブラケットやインビザラインもかつて経験し、それらのデメリットをなんとか払拭できないかと開発を重ね、オリジナルの矯正装置を開発しました。
矯正のノウハウを知り尽くし、開発したどこにもない装置です。

矯正に興味のある方、歯並びでお悩みの方、他院で時間がかかる、難しいなどとといわれ諦めていた方など、どうぞお気軽にお問合せください。
ご相談も受け付けております。
当院は大口式(OAM)インプラント法へのご相談ももちろん承っています。インプラントでお悩みの方もお気軽にお問合せください。

開院した名古屋駅前院へもお気軽にお問合せ下さい。


大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

こちらをクリックすると検診のご案内を見れます。


インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30