インプラントブログ

2017年11月 4日 土曜日

親知らずとインプラント

本日は、親知らずとインプラントの関連性についてお話しします。
関連性に疑問を持つ方もいると思いますが、歯は1本単位ではなく、1口腔単位で管理していかなければなりません。実は密接な関係があるのです。
腫れや痛みの有無に関係なく親知らずは様々な問題を静かに引き起こしていることがあります。
手前の大切な歯との間に虫歯をつくったり、歯周病を進行させたりすることがあります。矯正治療や予防歯科へ意識の高い欧米では悪さをする前に親知らずは積極的に抜歯することが一般化しています。
根本的な原因を追究すると、親知らずが原因で手前の7番目の歯が虫歯になったり神経をとらなくてはならないとなることは意外と多いのです。
それらが原因で残念ながら7番を抜歯となってしまったら必ず親知らずも抜歯しないといけません。親知らずが原因で天然歯をダメにしたのであれば、インプラントにしても悪い環境は変わらないからです。
インプラントは人工の歯根であり、防御機構がありません。口腔内の環境に非常に左右されます。

当院では、口腔内全体を診て将来のことまで見越した治療計画を提案しています。患者様の状態をしっかり分析させていただき、
歯周病などがある方へも、口腔内環境を共に見直し最善の治療計画をご提案させていただきます。インプラント埋入後のメンテナンスにも非常に力をいれております。

歯でお悩みの方、インプラントをお考えであるが悩まれている方、不安のある方、お気軽にご相談ください。

当院の院長大口弘は、インプラントのノウハウを知り尽くし、独自に骨を削らない安心安全で事故のない大口式(OAM)インプラント法の開発者です。
新しく大口弘歯科クリニック 名古屋駅前院も開院しております。
こちらへもどうぞお気軽にお問合せください。




大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院

医院概要はこちらをご覧ください。

口腔がん検診

詳細はこちらをご覧ください。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る
【所在地】
〒500-8176
岐阜県岐阜市県町1-6

お問い合わせ 詳しくはこちら