インプラントブログ

2017年10月21日 土曜日

インプラント治療に重要な顎の骨

本日は、顎の骨が痩せる原因についてお話ししたいと思いなす。
インプラント治療を行う際、顎の骨の幅と高さが非常に重要です。
健康な歯と歯茎がある場合は、機能圧(ものを噛むときの圧力)が顎の骨の全体を適度に刺激しているので、顎の骨には十分な幅と高さがあります。
しかし、歯が抜けてしまうと適度な刺激は伝達されなくなります。人間の身体は刺激を与えられなくなった箇所は衰えていく特徴があるので、歯が抜けると顎の骨は退化し痩せていきます。
骨が痩せてしまうことを骨吸収といいます。
また抜けてしまった以外に顎の骨が痩せる原因として考えられるのは・・・
1.歯周病
歯周病はプラーク(歯垢)の中の細菌が歯周ポケットから侵入しはを支えている骨を破壊して、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。ここまで進行すると骨吸収はかなり進んでしまっています。
2.合わない義歯
合わない義歯は歯茎に過剰な圧力がかかるので耐え切れず歯茎の下の顎の骨が痩せてしまします。顎の骨は刺激がなさ過ぎても、ありすぎても痩せてしまうのです。
3.生まれつき上顎の骨が薄い
上顎の骨のすぐ上には上顎洞という空洞があります。上顎洞が生まれつき下に下がっている方は上顎の骨が薄くなっています。
などがあります。

当院に来院される方は、骨が痩せていて他院ではインプラントできないと断られた方が多くみえられます。骨吸収が著しい超難症例の方でも、大口式(OAM)であればと皆様頼って全国からご相談に来ていただいております。大口式(OAM)インプラント法はどんなに痩せた骨の方でも対応可能です。日々、院長大口弘の特殊な技術と独自開発したシンプルな骨を削らない器具を一人一人の患者様の骨の状態により使い分け、安心安全で事故のないオペを行っております。痩せた骨の方でも、その日のうちに骨を造りインプラント体を埋入できます。

何らかの原因で歯を失い、骨も痩せてしまいお困りの方、お悩みの方、また大口式(OAM)インプラント法に興味を持たれた方、是非お気軽にご相談ください。
新しく開院しております、アクセス良しの名古屋駅前院でもご相談承っております。
お気軽にお問合せください。


名古屋駅前院
大画面モニターが目印です!足を止めて是非ご覧ください。

大口弘歯科クリニック名古屋駅前院では口腔癌検診を行なっております。
ご希望の方は大口弘歯科クリニック名古屋駅前院までお気軽にお問合せください。
TEL:052-564-8211
名古屋駅前院概要

クリックで医院案内をご覧になれます。

口腔がん検診

クリックでご案内をご覧になれます。

インプラント救済センターを設立していますが、多くの歯科医の方々が、インプラントの難症例と手術不可能な症例を抱えて悩んでいらっしゃるのが現実です。近年、大学病院においてもインプラント手術を敬遠する傾向にあります。
私、大口弘はそのような現状をふまえてできるだけ先生たちのお役に立ちたいと考えています。
お気軽にご相談下されば喜んで対応させて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://oguchi-matching.info/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30