インプラントブログ

2017年7月25日 火曜日

左下6,7大口式インプラント埋入

本日のオペは、左下67インプラント体の埋入です。
大口式をテレビでお知りになられ、各務原市からお越しになられた患者様です。インプラント埋入は今回初めてです。
この患者様は、骨の外側の硬い部分である皮質骨が非常にしっかりしている上に、顎舌骨筋線窩という骨の形状がS字型をしていましたので埋入する方向を綿密に分析してオペにのぞみました。スリッター、オーギュメーターを使用し、短時間でインプラント体を正確な位置に埋入しました。
このような患者様でも、大口式では極細のシャープペンシルの芯のような器具を使用するので、方向転換が随時可能であり安全で事故のない、どなたにでも柔軟に対応できる優れた術式なのです。
今回のオペでは新たに作製した「カービングシューター」を使用し、インプラント窩の形成を行いました。これによりインプラント窩の形成が容易となり、インプラントの初期固定をより強いものにすることができます。
こちらの商品は㈱エイペックスメディカにて販売中です。気になる方はぜひお問い合わせください。



大口式によるインプラント埋入後 左下6,7
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


オペ前 パノラマ オペ部位  左下6,7


埋入後 パノラマ 



日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30