インプラントブログ

2017年7月15日 土曜日

左下5インプラント埋入

今回の症例は左下5へのインプラント埋入です。
こちらの方は岐阜市からお越しの方で、先天性欠損の方でした。永久歯が生えてこないということで乳歯が残ったままの状態でした。このままではいずれ乳歯は抜け落ちてしまい、歯が無くなってしまうということで対処法を考えていました。ブリッジや入れ歯は他の歯にも影響を与えてしまうということで、インプラントを検討していました。そんな中インターネットで見つけた大口式を知り来院されました。治療計画を立てる中で、まずは乳歯を抜歯し、抜歯窩が回復した頃にインプラントを埋入という治療計画となりました。
事前にCTで骨の状態を確認してみると、骨幅骨高ともに十分ありドリル式でも十分オペを行えるような状態でした。ですが、大口式は低侵襲の手術のためオペ後の腫れや痛みがほとんどない術式となります。スリッターを使用し窩を形成するための道をつくり、オーギュメータを使用しインプラント窩を形成、埋入をします。
大口式は骨が薄い時のみ手術が可能なわけではありません。今回のように十分な骨幅骨高をもった方にも適用可能な術式です。ダメージが少ない大口式インプラント、興味のある方は是非一度お問い合わせください。



大口式によるインプラント埋入後 左下5
(クリックすると実際の手術の鮮明な画像になります。苦手な方はクリックしないでください)


オペ前 パノラマ オペ部位  左下5


埋入後 パノラマ 



日ごろの歯みがきやオペ後のお手入れ、インプラントのメンテナンスにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。


術中画像、術式解説はOAM(大口式)友の会会員ページに後日掲載予定です。
OAM友の会については、㈱エイペックスメディカへ問い合わせください。
TEL 058-266-0123

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31